iPhone標準搭載アプリ「リマインダー」の意外と知られていない超便利な使い方

iPhoneに標準搭載されているリマインダー。
しなければならないことを登録しておけばリマインド(思い起こさせる)してくれます。

標準搭載なのですが使ってない方が多いみたい。
私自身、Todoについては違うアプリを使っていますが、このリマインダーアプリの機能としてとても便利な機能があるので特定のことだけに使っています。

それはリマインドする事柄を「指定場所で通知」すること。

例えば京都の近辺へ旅行や出張へ行って帰り際に京都駅でお土産を買うときなどに使います。個人旅行や出張は時間を指定しても帰りが何時になるかわかりません。
しかし場所で指定しておけば何時に着いても大丈夫。
GPSの位置情報を利用して京都駅に着いた時点でアラームで知らせてくれます。

考え事をしていても、急いでいたとしても忘れることはありません。
その他にも寝過ごしそうなときに降りるひとつ前の駅で登録しておけば知らせてくれます。電車が遅れても大丈夫。時間のズレは関係ありません。

リマインダーアプリの使い方はこちら。

 

まずやることを登録し(i)をクリック

IMG_2316

 

指定場所で通知をスライド

IMG_2317

 

オンにして場所をタップ

IMG_2318

 

場所を検索します。今回は「京都駅」を指定しました

IMG_2319

 

候補が出てくるのでタップ

IMG_2320

 

完了ボタンをタップすればOK

IMG_2321

これで京都駅に着いたら教えてくれます!
アイデア次第では色んな事に使えますのでぜひ一度使ってみてはいかがでしょうか。

ほな!

2 件のコメント