子ども会の役員を引き受けたらスーパーママに出会った話

来年度から子ども会の役員を引き受けることになりました。少子化の波はここにも来ておりまして子ども会に入会する子ども自体が少なく必然的に役員になる人が限られてきております。

昨年、妻が書記の役員を受け、来年度はそのまま私が引き継ぐ形になりました。書記の仕事は議事録や告知媒体、案内状などの作成。議事録以外は妻から指示を受けて私が作成しておりました。

以前からのデータを引き継いだりしながらかなり改良を加えまして、見た目も文章も相当進化させました。次に担当になった人が作成しやすいようにと作っていたら自分が担当になるというまさかの展開(笑)

来年度は家族ぐるみでお付き合いしてる娘の同級生のお父さんが会長職を引き受けてくれることになりました。以前一緒に飲んだ時に「子ども会を盛り上げて変革しよう」と意気投合したため私がサポート役として子ども会の役員を引き受けたら昨年に引き続き書記になったという次第。

そして先日、新旧役員の顔合わせがありました。今回役員を引き受けたくれたメンバーの中にとてつもなく才能に溢れるスーパーママがいました。

以前、妻から「ITも強いらしくて、すごいお母さんだよ」とは聞いていましたが実際会ったら噂を遥かに凌駕する方でした。

まず4人の子どものお母さん、上は小学2年生、一番下はまだ10ヶ月なのに子ども会の役員を何の躊躇いもなく引き受けたとのこと。これだけでもちょっと凄いなって少し遠い目・・・。

子ども会の顔合わせと引継ぎが一段落して、「ネット関連のお仕事されてるんですか?」から始まってそれとなく経歴を聞いたらたまげました。あまりにもインパクトあり過ぎて一部欠落しているかもしれませんが覚えていることをツラツラ書いてみます。

最初法律事務所で契約書とか作る仕事してた。
   ↑
ちょっと遠い目

結婚したら子どもがすぐできるものだと思ってサクッと仕事やめた。
   ↑
やや遠い目

そしたらしばらく子どもができなくて時間があったのでピアノの先生してみた。
   ↑
かなり遠い目

主人の仕事の都合で中国の北京に引っ越すことになり、そこで中国語を覚えた。
   ↑
なまら遠い目

ついでに以前から学びたかったフランス語を勉強し始めた。
   ↑
ぶち遠い目

フランス語を学び始めたら学んでいる人たちがデザインの勉強をするためにフランスに行く方が多く、刺激を受けてデザインの勉強を始めて、ついでにWebのデザインも始めた。
   ↑
激しく遠い目

東日本大震災があり、被災したお母さん同士を繋ぐネットワーク環境を作りたくてサイトを立ち上げた。
   ↑
はるか遠い目

そのサイトの役割を終えたので、また違うサイトを立ち上げた。
   ↑
う〜ん、う〜ん。

この辺りでひとまずお腹いっぱい(笑)まさか4人子持ちのお母さんと子ども会役員の席でエックスサーバーがどうこうだとか、お名前ドットコムがいいらしいとかWordPressの話ができるとは思ってもみませんでした。

私自身交友関係は広いほうだと思いますが、サーバーの話やWordPressの話ができる人はほとんどいません。さらに凄いと思ったのは「ビジネスで使うならLINEではなくチャットワークが安全安心で便利ですよ」と話したら、即座にアカウント作って早速使い始めたこと。いやはや行動が速い。このフットワークの軽さが素晴らしい。

間違いなく天才的な頭脳の持ち主。役員会での発言を聞いていても言葉の端々にそれが感じられました。

そして何よりもすごいと思ったのは妻から聞いたのですが”他の人のことを絶対に悪く言わないこと”。今まで何度も会っているそうですが一度も悪口言ったのを聞いたことがないと。この賢さなら自分以外の他の人はほとんど「バカ」だと感じるはずなのですが、いやはやおそれいります。

私自身、語学の習得については大学生時代に可愛い台湾人留学生と仲良くなりたいからと台湾語と中国語を学び挫折、社会人になってからフランスのパリに2ヶ月限定で住むことになったのでフランス語を学んだものの挫折した私としてはもう雲の上の存在。これについては真似できませんが、他の人のことを悪く言わないよう努力はできるかな。

今年の目標はこのスーパーママの行動をつぶさに観察してスーパーパパとして少しでも行動、実力を近づけるようにすることに決めました。間違いなく、来年度の子ども会は素晴らしいイベントが続くことになります。今からとっても楽しみ。まずは新入生歓迎会を成功させるべく企画を考えます!

ほな!