できる人はビジネスリュックを使うと聞いたので使ってみた

先日絶対達成コンサルタントの横山信弘氏のブログで「できる人はなぜ、「ビジネスリュック」を使うのか?」という投稿があり、とんでもないPV(閲覧数)があったとのこと。

できる人はなぜ、「ビジネスリュック」を使うのか?

出典 bylines.news.yahoo.co.jp

確かに「できる人は本当にビジネスリュックを使うの?」とツッコミが入りそうなタイトルがアクセスを集めたのかもしれません。この投稿があるまではCOACHのトートバッグを使ってました。今の勤務地の前は自転車で通勤していたためビジネスリュックでしたが電車通勤になり、どちらでも良くなった際に「いいおっさんはリュックではなくトートバッグなどのビジネスバッグを持つべき」という記事を読んで安易にもすぐトートバッグに変えました。

COACHのトートバッグは私にとっては高かったのですが、長く使うならと奮発しました。とても丈夫かつオシャレで色んな方に褒められたので価格だけの価値は充分にありました。ただマグボトルを始めMacBook Pro、本、モバイルバッテリーなども入れるとそこそこの重さになり、片方の肩に重みがかかると姿勢も歪みますし歩くときも結構しんどい。

この記事を読んで、以前使っていたビジネスリュックに変えてみました。数年前に買ったACEのビジネスリュックでセールでお値打ちに買った覚えがあります。ポケットの位置や容量など何も不満は無かったのですが色がブラックで何の変哲もない普通のデザインだったので面白みがなく決してオシャレとは言えません。物持ちはいいので傷みも無く、そのまま使えたのですが、もっとオシャレなリュックはないものかと物色しておりました。

この「オシャレなビジネスリュックがどこかに無いかな?」というカラーバス効果は凄まじい効果を発揮しました。先日ビックサイトで開催しれていたデザインTOKYOという展示会でバッグメーカーのアジアンラゲージが出展しており、その中の展示品に一際、光り輝くビジネスリュックが置いてありました。まさに一目惚れ。

FullSizeRender 344 FullSizeRender 340 FullSizeRender 342 FullSizeRender 343

 

WATER ZEROシリーズのラインナップのひとつ。すでにこのシリーズの3Wayバッグを使っており、そのクオリティの高さは実感しています。止水ファスナーを使っており、完全防水で土砂降りの時でも中身は全く濡れません。

カタログはこちら
IMG_6396

IMG_6397

 

1年前から使っているWARER ZEROの3WAYバッグ。手持ち、コロコロ、そしていざというときリュックになります。ただしリュックはどちらかというと緊急用。普段はコロコロ引っぱっています。雨が降っても全く濡れません。今回買ったビジネスリュックよりひと回り大きいサイズ。

IMG_6381

 

このシリーズに新たに加わったビジネスリュック。そして今回購入したパールホワイトは限定色で素材も特別仕様。白は汚れるとよく言いますが、素材が良いため手入れさえしてあげれば全く問題ありません。ブラック、ネイビー、グレーなど他の色より1,000円高かったのですが迷いなくパールホワイトを購入しました。使った感想は「最高!ファンタスティック!エクセレント!」最上級の褒め言葉を並べてやっと見合うクオリティと使い勝手の良さ。

正面下の小さなフロントミニポケットにはモバイルバッテリーや各種ケーブルを入れたポーチが入ります。

IMG_6392

 

真ん中のフロントポケットには長財布、イヤホンケース、iPad miniが入ります。

IMG_6393

 

両脇のポケットにはマグボトルが二本。長さが違うのですがたまたま使っているマグボトルがちょうどこのサイズ。まるでオーダーで誂えたかのよう。折りたたみ傘が入るサイズですが、持ち歩くのを止めたので傘を入れることはありません。

IMG_6395

 

そして大容量のメインルームにはMacBook Pro、バッグインバッグ、読みかけの本もしくはKindleが入ります。このスペースはまだ余裕がありますので雑誌を入れたり出先で買ったものを入れることも可能。

IMG_6394

 

これだけ入れても持ち手がしっかりしてるのでとても持ちやすく、背負った時もリュックベルトが幅広でクッションがあるためとてもラク。全く重さを感じさせません。このリュックにしてから歩くのが楽しくて通勤の行き帰りは歩くことが多くなり1日の運動量が一気に増えました。これに関しては先日購入した活動量計「Misfit RAY」の影響もあります。

活動量計MISFIT「RAY」を使ってみた

ビジネスリュックを背負う際のポイントをお伝えします。夏場はベルトを締めて背中にリュックをピッタリつけると汗でシャツがベタベタになります。リュックを背負った場所に丸いシミができてカッコ悪い。汗をかく夏場はリュックベルトをゆるゆるにして背負いましょう。

背中とリュックの間に空間を作るのがポイント。最初は違和感があるかもしれませんが慣れれば問題ありません。さすがに走るようなことがあると横揺れが激しいので不向きですが普通に歩くなら大丈夫。

FullSizeRender 337 FullSizeRender 336

 

男性はもちろん、女性でも荷物の多い方はぜひオシャレなビジネスリュックにしてみてはいかがでしょうか。肩こりも軽減され姿勢も良くなりますのでオススメいたします!

アジアンラゲージの商品はヨドバシカメラマルチメディア名古屋松坂屋店で取り扱っております。このビジネスリュックが置いてあるかはわかりませんが。

ほな!