まだ二段階認証してないの?乗っ取られる前に1分で手続きしませんか?LINE、Instagram、Facebook、Twitterそれぞれの設定方法をまとめました

先日もFacebookのアカウントを乗っ取られた方がおられました。スパムメッセージを撒き散らされて、気づいたようですが、すでに時遅し。自分だけは大丈夫と思っていても、繋がっている友達が「○○診断」などの意味のないスパムアプリを使っていると情報が漏れて、乗っ取られるケースがあります。

乗っ取られる方は、まず間違いなく二階認証の設定をされていません。LINEををはじめ、Instagram、Facebook、TwitterなどのSNSサービスではセキュリティをより強固する二段階認証を取り入れています。ただし、登録の方法がわかならいのか、少々面倒なのか、はたまた二段階認証という仕組みがあることを知らないのか設定をしていない方が多く、そのまま放置している方がほとんど。

ログアウトした時の再ログインや違う端末からログインの際は少々面倒ではありますが、 二段階認証にしておけばセキュリティのレベルは格段にあがり、そう簡単に乗っ取られることはありません。この記事を読んだのも、きっかけのひとつだと思いますので乗っ取られる前に、ぜひ二段階認証の設定をしておきましょう。

LINE 、Instagram、Facebook、Twitterのそれぞれの手順を画像付きで説明しておりますので、どなたでも簡単に最後まで辿り着けるはず。二段階認証の設定はひとつ1~2分もあれば終わりますので、5~6分あれば主要な4つのSNSの設定は完了します。

LINEの手順

左上の鍵マークをタップ

 

 

アカウントの電話番号をタップ

 

 

電話番号を入力

 

 

これでメールと電話番号の二段階認証の設定が完了しました。LINEは一番簡単。

 

Instagramの手順

右上の「三」をタップ

 

 

画面下の「設定」をタップ

 

 

少し下にスクロールして「二段階認証」をタップ

 

 

「スタート」をタップ

 

 

 

二段階認証の方法をSMSか認証アプリか選びます。
SMSの方が手っ取り早くて簡単なので、こちらをオススメします。

 

 

オンにすると通知がきますので、その番号を入力し、「次へ」をタップ。

 

 

 

これで二段階認証はオンになりました。「次へ」をタップ。

 

 

念のため、リカバリーコードを取得し、画像を保存しておきましょう。

 

以上でInstagramの二段階認証の設定は完了。

Facebookの手順

右下の「三」をタップ

 

 

下にスクロールし「設定とプライバシー」をタップ

 

 

「設定」をタップ

 

 

「セキュリティとログイン」をタップ

 

 

下へスクロールし、「二段階認証を使用」をタップ

 

 

「テキストメッセージ」をタップ

 

 

SMSで認証コードが送られてくるので、6桁のコードを入力し「次へ」をタップ

 

 

 

 

 

これでFacebookの二段階認証はオンになりました。

 

 

Twitterの手順

「設定とプライバシー」をタップ

 

 

「アカウント」をタップ

 

 

「セキュリティ」をタップ

 

 

「ログイン認証」をタップ

 

 

「ログイン認証」のスライドスイッチをオンにする

 

 

「確認」をタップ

 

 

電話番号を入力し、「電話番号の照合と通知を許可する」にチェックを入れてから、「コードを送信」をタップ

 

 

SMSで認証コードが送られてくるので、コードを入力し、「送信」をタップ

 

 

これでTwitterの二段階認証の登録が完了しました。

以上、主要な4つのSNSの二段階認証の手順を紹介いたしました。特にパスワードを使い回ししている方は、ひとつ乗っ取られると、簡単に他のSNSも乗っ取られる危険性が高いので、今すぐ二段階認証を設定して、SNSを楽しみましょう!

ほな!おおきに!