日本初の生クリーム専門店「ミルク」へ行ってきた

「吉本新喜劇」を観るためになんばグランド花月へ行ってきました。娘たちが大ファンでずっと生で観たいと言われていて、やっと念願が叶いました。

漫才などで2時間、吉本新喜劇で1時間、合計3時間笑いっぱなしで腹筋が疲れました。娘たちは大爆笑してくれていたので、申込みの際、少々チケット代は高いと思ったのですが、本当に連れて行って良かった。3時間これだけ笑わせてくれて4,700円はむしろ安いような気がします。

終わってから、なんば地区で一番美味しいという噂の「わなか」でたこ焼きを食べた後、駐車場まで帰る途中に見つけたのが生クリーム専門店「ミルク」いうスイーツショップ。
娘たちは普段あまり甘いものは食べないのですがソフトクリームだけは喜んで食べます。たこ焼きの口直しがてら、ソフトクリームを食べることに。

 

生クリーム専門店「ミルク」はまだ関東に5店舗、関西に2店舗しかありません。名古屋には出店していないのですが、だいたい流行ってから1〜2年後にはやってくるので、2020年ぐらいには来るような気がします。

 

美味しさのこだわり その1

〈北海道根釧地区産の生クリームを使用〉
1年の半分以上が霧に覆われるという冷涼な気候の北海道根釧地区はヨーロッパ生まれの牛が産まれ育つのに最適な環境。広大な牧草地で健康な草を食べ、ストレスなくのびのびと過ごしています。

美味しさのこだわり その2

〈2種類のオリジナルブレンド〉
ことなる乳脂肪分の生クリームをオリジナルブレンドして「濃厚な味わい」「すっきりとした後味」を実現させる為に100種以上の試作を行い完成した究極のブレンド比率。

美味しさのこだわり その3

〈ふんわりなめらか製法〉
ふんわりとなめらかな生クリームに仕上げる為に丁寧に空気をふくませて、ホイップさせました。最後にハンドホイップでキメを整えてくちどけの良い生クリームに仕上げました。

ミルキークリームのふわとろシフォンケーキが一番人気とのことですが、子どもたちはケーキ類はまず食べないので、冒険はせずソフトクリームを注文しました。ソフトクリームはとてもキメが細かく、今までに見たことがない感じ。味は濃厚なのにさっぱりしていて、めちゃうま。使っている牛乳のクオリティが高いからこの味が出せるのでしょう。

 

価格は税込500円と少々高級ではありますが、ドライブインなどで売っている350円のソフトクリームとは全く別物。500円の価値は十分にあります。

もし、東京か関西へ行かれたら、ぜひ生クリーム専門店「ミルク」を訪ねてみてください!

 

ほな!おおきに!