滋賀県長浜市にある黒壁スクエアで陶芸の電動ろくろ体験してきた

先日、労働組合のイベントで黒壁スクエアで陶芸教室で電動ろくろ体験ツアーがあり家族で参加してきました。この日はコンテンツナゴヤほか知り合いが開催するセミナーやイベント、朝活などがいくつも重なりどれも行きたいものばかり。なぜこんなにこの日に集中したのかは不明ですが、バラバラだったらどれも本当に行きたかった…。

今回のツアーのちらしを子どもたちに見せたら2人とも「行きたい!陶芸したい!夏休みの自由研究にする!」とのこと。ツアー参加費は組合主催なので格安の上、黒壁スクエアは前々から気になっていたので申し込みしました。

10時に名古屋を出発し、一宮インター付近が大渋滞のため、手前で下道に降りて迂回し向かうルートに変更。さすがはプロのドライバー。途中、道の駅で休憩を挟みました。ここの名物は「よもぎソフトクリーム」。ドライバーさんのお気に入りらしく、降りる前に一言オススメされたらバスに乗っていた大半の人が食べてました。すごい影響力(笑)

 

予定よりは遅れましたが12時半に黒壁スクエアに到着。お腹が空いていたので先に食事をすることに。事前に調べていた鯖そうめんと焼き鯖寿司の「翼果楼」へ。

 

ランチタイム真っ只中ということもあり、10名ほど待っていました。比較的回転がいいため、15分ほどで店内へ。

 

子どもたちは鯖そうめんや焼き鯖寿司は未体験。果たして食べるかどうか怪しかったので、鯖そうめんと焼き鯖寿司のセットを二つだけ注文。注文してからすぐ料理が出てきました。焼き鯖寿司は切って皿に乗せるだけ、そうめんもある程度茹でておいたものを盛り付けて甘辛く煮た鯖を乗せるだけなので時間がかからないのでしょう。

 

娘たちはそうめんに乗っている鯖はあまり好みではなかったみたいですが、焼き鯖寿司は美味しかったらしく、8貫追加で注文しました。

 

鯖そうめんは山椒をかけて味変させたらめちゃ美味になりました。そのままでも、美味しいですが、山椒かけた方が絶対に美味しい。

 

食事の後は街中を散策しお買い物をして楽しみました。娘たちは凸凹堂でガラスのペンダントやビーズのストラップなどを購入。

 

その後立ち寄った海洋堂カプセルミュージアムで以前から探していた岡本太郎のオブジェのガチャガチャがあったので回してみました。

 

出てきたのはこちら。もう一つ違うのが欲しかったので、チャレンジしたらまさかの同じデザイン被り…。ちなみに娘たちがガチャした吉本新喜劇キャラクターも「島田珠代」で被りました(笑)先日ピクサーのひみつ展で購入した缶バッジも二つ被りました。こういうブラインド商品はせめて続けて買った時には被らないようにして欲しいと思うのはワタクシだけでしょうか。

 

陶芸教室の開始までまだ時間があったのでほうじ茶ソフトをいただきました。甘さ控えめでGood。

 

14:30から陶芸教室が始まりました。今回はお皿に絵付け体験と電動ろくろ体験の二つが楽しめます。

 

人数が多いので3班に分かれてスタート。まずはワタクシから電動ろくろ体験。昔々やった覚えがありますが久々の陶芸体験でワクワク。手先は器用な方なのでスタッフの手を少し借りつつ、いい感じに出来上がりました。今回は家族揃って茶碗を作りました。

 

続いて妻と娘たちが体験スタート。娘たちは初めてですが、なかなかの手つき。次女はまだ小さいのでやや難しかったようですが、妻と長女はワタクシが思ってたより遥かに上手に作れていました。

 

絵付け体験は鉛筆で下書きをし、その上に筆で描いていきます。

 

14:30からスタートし、終了したのが16:00だったので所用時間は1時間半。予想以上に楽しいひと時を過ごせました。今回作った作品が完成するまでは乾燥させて焼き上げるのに45日かかるとのことなのでとても楽しみ。夏休みの終わりには間に合いそう。

 

黒壁スクエアは街並みも素敵でお洒落なお店がたくさん並んでいます。陶芸体験やガラス細工体験などもあり、大人から子どもまで楽しめます。訪れた日は雨模様でしたが半分程度はアーケードがあるため濡れることなく散策できます。土曜日ということもありますが大勢の人で賑わっていました。

 

ただ1点残念だったのはどこもほぼ現金しか使えないということ。昼食を食べた「翼果楼」をはじめ、訪れたほとんどの店でキャッシュレス決済ができず。PayPayは最近普及してきたので導入されてるかと期待してましたが一軒もなく…。その影響かどうかはわかりませんが外国人観光客が少ないような気がしました。このご時世にクレジットカードやICカード、スマホ決済などのキャッシュレス決済が使えないのは致命的な欠点になります。街に魅力があるからとあぐらをかいていたら、そのうちソッポ向かれるような気がします。せめて増税までに対応しないとその後は観光客が減っていくことでしょう。誰か音頭を取って早急に対応する必要があると思います。この点さえ除けば黒壁スクエアはとても楽しめました。ただし、もう一度リピートさせるには、キャッシュレス決済をはじめ、アーケード街のより一層の活性化などもう少し色々な取り組みをする必要があるような気がします。

少し足を伸ばせばクラブハリエや彦根城などもあり家族で一日中楽しめます。名古屋からは高速で2時間弱なので、ぜひ訪れてみてください!

※未だに常時SSL化されていません。ITに強い人が関係者にいない模様。

 


 

ほな!おおきに!