ヤマナカ・S&B杯ちびっこ健康マラソン大会に参加してきた

娘たちが通っている陸上教室から案内があり、ヤマナカ・S&B杯ちびっこ健康マラソン大会に参加してきました。

 

「S&B杯ちびっ子健康マラソン」は、次代を担う子供達が心身ともに元気で育って欲しいとの願いを込め、1984年にスタートした小学生のマラソン大会です。 2017年度終了時には完走者が144万人に達しました。

 

会場は愛知県東部にある愛・地球博記念公園(モリコロパーク)。晴天に恵まれて絶好のマラソン日和となりました。例年に比べて今年は暖冬なので暖かく、待っている間も凍えるほど寒くなくて助かりました。暖冬でスキー場は雪不足のため大変みたいですが…。

受付は男女学年ごとに分かれており、スムースに対応してもらえました。何年も開催されているのと、大手企業が運営しているので何も不満なく、流石の対応。こういったイベントにありがちな運営がダメダメでイラっとすることはありません。

 

広場ではみなさんシートを広げたり、テントを張ったりして待機しています。

 

チキンラーメンの無料試食やセコイヤチョコレートの無料配布などがあり、行列ができていました。またモスバーガーのキッチンカーが出店していますので、クラムチャウダーやコーンスープを食べて暖まることもできます。

 

10時35分から開会式がスタート。ヤマナカの代表取締役の山中氏の冒頭の挨拶では3つの約束として「目標を持とう」「両親に感謝しよう」「今日の1日を楽しもう」という言葉が送られました。自分自身が何かこういった場で挨拶する機会があれば、パクろうと思います(笑)そのあとエスビー食品の執行役員の土井氏の挨拶、代表者の選手宣誓のあと、1年生から競技スタート。それぞれの学年ごとに分かれて走ります。その学年が終わったら次の学年が走ります。

 

1,2年生は1.5km、3,4年生は2km、5,6年生は3kmを走ります。スタートとゴール地点は全学年同じですがルートを変えて距離を伸ばしています。各学年とも男女それぞれ100名前後の参加があり総勢1,000名以上。今年は人数が多く、受付を途中で中止にするほどの人気とのこと。部屋にこもって勉強するよりも外で運動した方が良いということが広まってきたのかもしれません。

 

我が娘はなんとかビリは免れましたが、後ろから数えた方が早い順位でした。まだ陸上教室に通い始めて間もないこともありますが、長距離はあまり得意ではないので、おそらく今後も上位を争うことはないと思われます。でも、初の3kmを完走したことに思いっきり褒めてあげました!

 

 

全学年が走り終わった後は閉会式があり、上位3名ずつが表彰されました。最後には全員お土産をいただきました。スポンサーのヤマナカとエスビー食品には感謝、感謝。調味料を買うときはエスビー食品のものを買うようにします(笑)

最後には全員に参加賞とお土産をいただきました。スポンサーのヤマナカとエスビー食品には感謝、感謝。調味料を買うときはエスビー食品のものを買うようにします(笑)

 

全てが終わったのは13時30分。受付したのが8時45分だったので、滞在時間は約5時間弱。1学年ごとに出走し、全員が走り終わるまで次の学年は走らない方式のため時間がかかります。自分の子どもが走っている以外の時間がかなり長かったので折りたたみ椅子を持参して大正解。もし、来年以降参加される方はレジャーシートと折りたたみ椅子、ホッカイロは必須アイテムなのでお忘れなく。

あと、帰りは駐車場から出るのに大渋滞が発生しますので、閉会式が終わったらダッシュで早めに退場するか、出口に近いところに車を停めておくことをオススメします。会場に近い方に停めると出るまでにかなり時間がかかります。

小学生のお子さんがいらっしゃる方はぜひ参加してみてください。全国各地で開催されており、約半日、参加費無料で子どもの頑張る姿を楽しめます。

 

ほな!おおきに!