引越しついでにAVアンプの買い替えを検討中!

今住んでいる賃貸マンションは結婚した2005年から住んでおり14年が経ちます。長年暮らして畳やサッシなどが経年劣化であちこち傷んできたため、使い勝手が悪くなってきていました。こういったものの交換はすべて自腹になるので、どうしようか迷っていたところ、上のフロアが空きピカピカにリフォームされて、まるで新築のような状態になっていました。

ひとつフロアが上がるため家賃はほんの少し安くなり、間取りもほぼ一緒なので引っ越すことにしました。引越しも階段を上るだけなので、大がさ品以外は自分たちで運ぶことにし、残りを引っ越し業者へお願いすることにしました。今回、引越し複数同時見積りサービスを利用しましたが、一番対応が迅速かつサービスの質が高かったのはダントツでアート引越しセンター。価格は他社の方が安かったのですが、安心感とサービスの良さで迷いなく即決ました。担当のお姉さんも綺麗だったし(笑)




 

引越しに伴い、断捨離をするように妻から宣告され、本をはじめ、モノを減らすように動き始めています。最近はメルカリやヤフオクなどで中古品が売れるので、そのまま廃品回収に出すのではなく、できる限りリサイクルするようにしています。

若い頃、オーディオ&ビジュアルに凝った時期があり、かなり投資しました。プロジェクターに50万円、AVアンプや各種デッキとスピーカーには言えないぐらい使いました。今は高画質のプロジェクターが数万円で買えますが、15年ほど前は50万円ほど出さないと映画を観られるものは買えず貯金して清水の舞台から飛び降りて購入しました。

最近はプロジェクターはあまり使わなくなっており、スクリーンとともに妻の実家へ移設することにしました。ここ2,3年で大型の液晶モニターが安くなっているので、もしホームシアターを組むとしても55〜60インチぐらいの液晶モニターで十分かなと。暗くする必要もないですし。

AVアンプはかなり高級なものを買ったものの10年ほど前のモデルなので、音質はまだまだ現役ですが、入出力の端子が古くHDMIがないため、AVアンプとして使い勝手が良くありません。スピーカーは時代に左右されないのでそのまま使うとしても、AVアンプは買い替えを検討しています。

 

最近は、高性能でも価格が驚くほど安くなっています。今はYAMAHAのアンプを使っていますが、色々調べたらDENONのAVアンプが性能が良く価格がリーズナブルで人気があることがわかり、いつものヨドバシカメラで早速、物色してきました。この世界はピンからキリまであり、同じメーカーのAVアンプでも高いものは50万円近くしますし、安いものだと4万円ぐらいからあります。

 

大きな違いはアンプのパワーと使っている電子部品の性能によります。もちろん、DSPの種類の数なども違いますがオーディオ音質改善に影響するのはいかに性能の高い電子部品をつかっているかどうかという点になります。具体的には「オペアンプ」という部品が音質を大きく左右します。カタログなどには詳細は記載されませんがDENONのAVアンプには高品質なパーツが使われているため素晴らしい音でスピーカーを駆動することができます。

最近は小型のアンプでもかなりパワーがありネットワーク対応でとても便利。一人暮らしで気軽に聴くならこういった構成でもいいと思います。


 

引っ越しが一段落したら買い替えようと思っていますが、どのクラスのアンプにしようか思案中。ある程度は価格と比例しますが、最近のAVアンプはDSPで結構ごまかせるので8〜10万円ぐらいのでいいかなと。もう少しカタログやブログなど調べて比較検討を楽しみます!

ほな!おおきに!