日本最大のiPhone×アートイベント iPhoneケース展 in名古屋に行ってきた

総動員数36万人を突破した、iPhone×アートと体験が楽しめるイベント「iPhoneケース展」が11月23日(土)24(日)の二日間、名古屋・デザインホールで開催されました。23日(土)は仕事だったため行けず、24日(日)の夕方に訪れました。「iPhoneケース展」の情報は愛用しているサクラスリングの作者である杉山さくらさんが「出店します!」というFacebookの投稿を見て知りました。イベントのプロデュースは「マツコの知らない世界」に”スマホケースの世界”で出演したiPhoneケースマニアの弓月ひろみ氏。

 
アーティストによるiPhoneケースアートの新作と、愛知県内の専門学校・大学が参加する学生作品が公開される「iPhoneケースアートギャラリー」をはじめ、最新のiPhoneケースが買えるグッズマーケット、子供向けワークショップ、ハンドメイドワークショップ、ガジェットが集まる「あそべる!みらい博」、テック系メディア「Engadget日本版」編集長によるトークステージなど盛りだくさんのイベント。

 

15時半過ぎに訪れましたがお客さんはパラパラといった感じ。混雑して動けないということはなくゆったり見ることができました。場所がナディアパーク3階のデザインホールというややわかりにくい場所にあるのでその点は不利かも。

出展社はローランド(株)/カシオ計算機(株) /フォーカルポイント(株)/(株)サンクレスト/IK multimedia /(株)エム・エス・シー /(株)ヒロコーポレーション/RITE.TOKYO /エレコム株式会社/ソフトバンク株式会社/(株)オウルテック/(株)アピロス/坂本ラヂヲ(株)/Shigezone/サクラスリング×RAKUNI/n.max.n/松葉製作所/PimuFactory/スマホケースmaimai/ぶんじカンパニー/京屋 ほか。iPhoneやApple製品ににまつわる様々な製品が並んでおり、見ているだけでも楽しめました。

 

愛用しているサクラスリングも出店しておりましたが、ビックカメラゲートタワー店に出店している時よりは展開点数は少なめ。サクラスリングは本当に使い勝手がいいので一眼レフカメラを持っているなら試してみる価値はあります。

 

次の予定まで時間があったので木製iPhoneケースが人気の、広島の木工製作所「松葉製作所」による「木で作る蝶ネクタイ」のワークショップに参加しました。製作費は1,000円。

 

出来上がり見本

 

まずは木の種類と色を数種類の中から選びます。今回は無難な薄茶色をチョイス。

 

紙やすりでまず表面を削ったあと、角を落としていきます。どれだけ丸めるかは各自の裁量。かなり削って丸めてみました。

 

仕上げに500番のヤスリで表面を整えてから中央を革で巻き、ピンを取り付けます。

 

最後に蜜蝋ワックスを塗り込んで完成。蝶ネクタイとしてつけてもいいし、バッグなどにつけてもいい感じ。

 

17時の閉場前には豪華商品が当たる!じゃんけん大会が行われていました。iPhoneケース、モバイルバッテリー、ワイヤレスイヤホン、CASIOのキーボードなどかなり魅力的な豪華商品が提供されていましたがこういうところで運を使いたくないので見てるだけにしました。参加してもおそらくじゃんけんに勝てないと思いますが…。

 

iPhoneユーザーなら間違いなく楽しめるイベントで次回もとても楽しみ。名古屋で開催されるかどうかはわかりませんが開催されたら必ず訪れたいと思います。

 

ほな!おおきに!