スマホカーナビを安全に操作するのに必須!Yahoo!カーナビ専用リモコン「ナビうま ハンドルリモコンPlus」レビュー

8年ほど前から車載のカーナビは一切使っていません。代わりにiPhoneのカーナビアプリを使っています。色々なカーナビアプリを使ってきましたが現時点で一番使い勝手が良く精度が高いのがYahoo!カーナビ。無料で使うことができ、広告もたまにしか出てきません。iPhone・iPadのユニバーサルアプリでiPadの場合はより詳細で様々な情報を表示されることができます。iPad版であれば車載カーナビは全く不要なレベルに達しています。ほぼリアルタイムの交通情報も取得しており渋滞情報が反映されて渋滞をできるだけ回避したルートを選んで目的地まで案内してくれます。地図のアップデートも頻繁にあり新しい道路などもすぐに反映されます。

iphone版

 

iPad版

また各種項目が細かく設定できるため自分に合った使い方にカスタマイズできます。これが無料とは本当にありがたい。

 

先日12月1日より道路交通法が改正され運転中のスマホのながら運転が厳罰化されました。スマホカーナビは2秒以上注視しなければ違反にはなりませんが、画面をタップして操作するのはやはり危険を伴います。そんなときに安全かつ便利に使用できるのがYahoo!カーナビ専用リモコン。3年前、車で外回りの業務になったときにYahoo!カーナビを頻繁に使うようになったため購入しました。本当にこれが便利で重宝していたのですが2ヶ月ほど前にOKボタンがゆがんで操作不能に陥りました。

今の仕事は車に乗ることはなく、自家用車を運転するのは時々だったのでしばらく無い状態で使っていたのですが、ながら運転が厳罰化されたため新たに購入することにしました。やはりリモコンを使ったほうが圧倒的に安全なのと警察に見間違われて疑いをかけられないようにするためでもあります。

 

Amazonで調べたら専用リモコンはリニューアルされ進化していました。リモコン本体の見た目はほぼ変わりがありませんがハンドルに取り付けるアタッチメントが大幅に進化していました。

上が旧型、下が新型

 

本体はほぼ変わりません。右が旧型、左が新型。旧型はリモコンの裏面に穴が空いており、そこに爪を引っ掛ける仕様だったためハンドルを回している際に手が当たって落ちることがしばしばありました。

 

リニューアルされた新型のアタッチメントはリモコンの周りを包み込むようにホールドするタイプのため絶対に落ちることがありません。確実にリモコンをホールドしてくれます。これでリモコンが落ちるプチストレスから開放されました。壊れてくれてある意味よかったかも。

 

専用リモコンはアプリの設定の項目から登録します。一度認識すれば後はアプリを立ち上げれば自動で接続されます。

各部名称

上下それぞれ5個、合計10個のボタンが配置されています。

 

地図移動

地図の移動は上エリアにある方向キーで行います。

 

地図縮尺変更

地図の拡大・縮小は下エリアにある「+」「ー」のボタンで行います。レスポンスがいいので自由自在に縮尺を変更することができます。通常は100〜200mにしておくと見やすいと思います。

 

現在地表示

地図を移動させても下エリアにある矢印ボタンを押せば一瞬で現在地に戻ります。

 

自宅に戻る

現在地ボタンを長押しすると登録済みの自宅までのルート候補を一発で表示してくれます。

 

音声検索

運転しながら場所を入力したい場合、スマホをタッチするのはとても危険。そういう場合は下エリアの右の「マイク/検索」ボタンを押すと音声入力で検索することができます。

 

上下10個のボタンでほぼすべての操作をすることができ、本当に便利。Yahoo!カーナビを使っているなら必須のアイテムになります。特に今後は、ながら運転の取締りが強化されること、そして安全にスマホカーナビを利用するためスマホホルダー+リモコンはマナーとして装備しておきましょう

ながら運転で事故を起こしてからでは遅いのでこの機会に購入をオススメします。三千円少々で安全と便利が買えるなら安い買い物だと思います。

iPhoneのホルダーはMountek AIRGRIPを使っています。夏場はダッシュボードに設置するタイプだと熱暴走しますが、これはエアコン吹出口にセットできるため常に空冷されるためとても便利で重宝しています。やや保持力が弱いので接続部分に両面テープをつけて利用しています。

 

Yahoo カーナビ専用 リモコンは旧タイプもまだ販売されていますので絶対に間違えないようにしてください。品番はSB-CN01-YICC/Aになります。下記のリンクから購入いただければ間違いなく最新版が届きます。


 

ほな!おおきに!