iPhone12は買い?それとも見送り?結論は…

先日、iPhone12シリーズが発表になりました。今回発売されるのはiPhone12、iPhone12mini、iPhone12Pro、iPhone12ProMaxの4種類。様々なブロガーの皆様がこぞって機能の違いなどを書かれていますので仕様の説明については割愛します。

さて、このiPhone12シリーズは果たして「買い」なのでしょうか。答えは「ノー」。まず5G対応になりましたが東京都心部でも5Gの電波を受信できるところはほとんどありません。また5Gの機能を活かせるコンテンツもまだ全く出揃っておらず様子見の状況。

iPhone12には5Gに対応するためのチップが搭載されておりその分価格が転嫁されています。果たして5Gの恩恵に預かれる人はどれだけいるでしょうか。おそらく0.001%以下だと思います。使わない機能のために余計なお金を払うのは正直勿体ないというのがまずひとつの理由。そしてもう一つの理由が「指紋認証センサー」が搭載されていないこと。

iPhone Xになって指紋認証のTouchIDから顔認証のFaceIDに変更されました。ご存知の通り、ほとんどの人は常にマスクをしている状況になり顔認証システムが機能しません。いちいちマスクを外すかパスワードを入力してロックを外さなければなりません。

事前の噂では液晶内もしくは電源ボタンに指紋認証センサーを搭載するとのことでしたがなぜか見送られました。Androidスマホではどちらもすでに実用化されているので何とも残念。

 

となると残された選択肢は指紋認証センサーのTouchIDを搭載した新iPhoneSEの一択になります。積まれているチップはiPhone11PROと同じA13チップであり通常の使用では全く問題ありません。カメラの性能はやや劣りますのでその点は最新のiPhoneには敵いませんが街なかのスナップ写真程度であればSEのカメラで十分。

 

画面サイズは4.7インチで何とか片手で操作できるギリギリ限界のサイズ。手の大きさによっては一番上に並んでいるアプリは届かないかもしれませんがiPhone12シリーズはminiでも5.4インチあるので片手での操作はまず不可能。

ワタクシは新iPhoneSEを使っていますが正直、前のSEのサイズが気に入っています。ただしサイズ以外は特に不満はありません。片手で持てて軽くて使いやすい4インチサイズ、かつベゼル・ノッチレス、液晶内指紋認証センサーが搭載されたモデルで5万円台ならバカ売れするはず。

iPhoneバカやiPadバカの著者でありMacファンにも連載を持っているコンサルタントの美崎栄一郎氏も「普通の人は今回のiPhone12は見送り。iPhone8以前の機種を使っていてそろそろ買い替えを検討しているならiPhoneSE一択」とワタクシと全く同じ考えでしたので買うならiPhoneSEで間違いありません。

今回のiPhone12を買う価値がある人は映像制作を本格的に仕事にしていて「LiDARスキャナ」「ナイトモード」「Dolby Vision」などの機能を使いこなすことができるごく一部の人のみ。一般人が高価なiPhone12シリーズを購入しても持て余すだけ。「LiDARスキャナ」はProのみですがこの機能はスゴイのでこれを使うためなら購入してもいいかもしれません。

 

元ZOZO社長の前澤さんのように使い切れないぐらいお金がある方を除いてiPhone12を購入する理由はみつかりません。次期iPhone13では指紋認証センサーが液晶内に組み込まれるという噂なのであと1年待ちましょう。その頃には5Gももう少しエリアが広がっているような気がします。5Gの機能をフルに活かせるコンテンツがあるかどうかは微妙ですが…。

 

まとめ

・一般人はiPhone12シリーズは見送り
・iPhone12Proが必要なのは映像制作を本格にしている方のみ
・5Gの電波はほとんど利用できないため機能を享受できない
・買い替えを検討している方はiPhoneSEで必要十分。
浮いた金額で旅行に行ったり美味しいものを食べたり、もしくは他の機材に投資しましょう。

 

ほな!おおきに!