曲の歌詞が全く頭に入ってこないんですが、はて?

妻が大ファンのバンド「backnumber」。毎日、朝から晩までほぼヘビーローテションで曲が流れています。つい最近、YoutubeMusicなどのサブスク解禁になったのでより手軽に聴けるようになりました。


 

 

恋心を綴った切ない歌詞がいいらしいのですが、曲を聴いてるだけではなぜか全く歌詞の内容が入ってこず…。先日、某音楽番組に出演していて歌詞のテロップが流れているのを見て初めてbacknumberの曲の歌詞の素晴らしさに気づきました。

それから歌詞カードを読んだら、これはヤバい…。やっと人気の理由がわかりました。って何年経ったんだ(笑)
というわけで歌詞の一部を紹介します。

「クリスマスソング」歌詞

会いたいと思う回数が
会えないと痛いこの胸が
君の事どう思うか教えようとしてる
いいよ そんな事自分で分かってるよ
サンタとやらに頼んでも仕方ないよなぁ

できれば横にいて欲しくて
どこにも行って欲しくなくて
僕の事だけをずっと考えていて欲しい
やっぱりこんな事伝えたら格好悪いし
長くなるだけだからまとめるよ
君が好きだ

 

「花束」歌詞

僕は何回だって何十回だって
君と抱き合って手を繋いでキスをして
思い出す度にニヤけてしまうような想い出を君と作るのさ
そりゃケンカもするだろうけど
それなら何回だって何十回だって
謝るし感謝の言葉もきっと忘れないから
ごめんごめんありがとうごめんくらいの
バランスになる危険性は少し高めだけど
許してよ

 

「ハッピーエンド」歌詞

今すぐに抱きしめて
私がいれば何もいらないと
それだけ言ってキスをして
なんてね 嘘だよ ごめんね

 

「ヒロイン」歌詞

雪が綺麗と笑うのは君がいい
でも寒いねって嬉しそうなのも
転びそうになって掴んだ手のその先で
ありがとうって楽しそうなのも
それも君がいい

 

「瞬き」歌詞

幸せとは 星が降る夜と眩しい朝が
繰り返すようなものじゃなく
大切な人に降りかかった雨に傘を差せる事だ

 

「高嶺の花子さん」歌詞

会いたいんだ いますぐその角から 飛び出してきてくれないか
夏の魔物に連れ去られ 僕のもとへ
生まれた星のものが違くたって 偶然と夏の魔法とやらの力で
僕のものに なるわけないか

各曲出典 作詞:清水依与史 作曲:清水依与史

 

同じ曲を何百回と聴いているのに全く風景が浮かんで来ないのが不思議ではありますが他のアーティストの曲も同様、メロディーはすぐ頭に入ってくるのですが歌詞は全然入ってきません。男性脳、女性脳ということでもないみたいですし、なぜなのか謎…。

同じような方、いらっしゃいますでしょうか。探偵ナイトスクープに出してみようかな…。

ちなみに「ハッピーエンド」は映画「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」のエンディングテーマとなっており、曲を聴くだけで涙腺が緩みます。この作品はもう数え切れないぐらい観ていますが毎回泣けます。もしまだ観ていない方はぜひ。Amazonプライム会員なら無料で鑑賞できます。


 

ほな!おおきに!