宇宙を味方にする方程式

先日、櫻庭露樹さんの運呼チャンネルというYouTubeを観ていたら私の人生を変えた本として小林正観さんの「宇宙を味方にする方程式」が紹介されていました。小林正観さんの本は何冊か読んだことがあるものの、この本は未読だったので即座に購入。最近はメルカリで検索したらたいてい出品されていますし、メルカリになくてもほぼAmazonで購入できます。


 

程なく届き早速読み始めました。文体も内容もわかりやすくスーッと頭に入ってきます。読むのは速い方ですが1時間少々で読み終えました。どの章もほぼ納得の内容で頷くことばかり。

第1章では花粉症の人には「完全主義者」という共通項があると書いてありましたが、まさにその通りだと思います。実は5年前まで重度の花粉症だったのですが働き過ぎて体調を崩したこともあり、それからは完全主義者をやめてラクに生きることにしました。


 
それから年々花粉症が軽くなり今年はゼロに。ちょうど5年前から明治ヨーグルトR1を毎日食べて筋トレを毎日続けるようになったので、この相乗効果により免疫が上がった結果、花粉症が治ったのだと思っていました。

もちろん、この効果もあるかもしれませんが実はいい加減(良い加減)に仕事とライフスタイルをシフトチェンジしたのが一番効果があったということがこの本を読んでわかりました。ちなみに妻は完全主義者とかけ離れた性格なので花粉症ではありません(笑)

またトイレを綺麗にする人はお金に困らないとのことですが、これについては多くの方が同じことを仰っています。早速、今まで以上にトイレを綺麗にするとともに、掃除道具は目につかない場所に移動させました。結果はまだ先ですがさてどうなることやら。

中程にはがんになりやすい職種ベスト3が載っておりました。これは同じ職業千人当たりのがんになる罹病率を計った結果からデータとして出ています。一番はマスコミ関係者で番組制作に携わっている人や新聞の原稿締め切りに追われている新聞記者などががんにすごくかかりやすいことがわかりました。二番目は電車の運転士、バスの運転手、飛行機のパイロットなど時間に遅れてはいけない仕事の方。三番目は銀行員や証券マンなどの金融関係者。マスコミ関係、交通関係、金融関係の三つを合わせて一言で言うと「数字に追われ、それを追いかけている人ががんになりやすい」ということがわかります。がんになりたくなければこれらの職業には絶対就いてはいけません。

神社の参拝の仕方についても書いてありました。まもなく新年の初詣の季節がやってきますが多くの人は年に一回だけ神社に行き、1円玉などの小銭を賽銭箱に遠くから投げた上にお願い事をされます。これは神様に対して最悪の行いであり決して味方にはなってくれません。

ワタクシは毎月1日に欠かすことなく友人と朔日参りとして熱田神宮へ参拝に行ってますが、決してお願い事はしません。自分の名前、住所を伝えた上で先月のお礼を言っています。そしてお賽銭は全て1枚ずつ揃えた666円を静かに心を込めて賽銭箱に入れています。

さて、あなたが神さまだったらどちらを贔屓にしますか?言うまでもありません。初詣だけに行くのではなく毎月、氏神様に感謝を伝えに行きましょう。

そして最後の第6章はどれも素晴らしいことが書かれており、ワタクシがなぜ毎日楽しく何事もなく生きていられるのかがわかりました。

人間の悩みを解決する手段として「掃除、笑い、感謝」を覚えておくと苦悩煩悩は一切なくなります。ここ何年かは毎時間「ツイテル、愛してる、嬉しい、楽しい、感謝します、しあわせ、ありがとう、許します」「とおかみめみため」「アメノミナカヌシ様、お助けいただきありがとうございました」と口ずさんでおり、めちゃくちゃ効果があります。

小林正観さんが言うには「本当の幸せの極みというのは何事も起きないこと。特別なことが何も起きていないというのが、ものすごく特別なこと」とのこと。ここ2年ほどはまさにこの状態で人生崖っぷちになるような困ったことは何一つ起きません。もちろん生きていれば多少の困ったことはありますがどれも些細なことばかり。

もし、人生に悩みがあったり不安がある方は「宇宙を味方にする方程式」をぜひ読んでみてください。といっても無理にはオススメはしません。自らが幸せになろうと思わないと幸せにはなれませんので。

今年読んだ中で5本の指に入る良書であと2回は読み返してしっかり知識として蓄えるとともに実践します。これだけの内容が僅かな投資で得られる読書は本当に素晴らしい!

今、日本で一番講演料が高い鴨頭嘉人さんが「本を読まなくても生きていけるが、本を読まない人は人生成功しない」と仰っていました。まさにその通りだと思います。どんな本でもいいので毎月数冊は本を読む習慣を持ちましょう!楽しく豊かな人生が送れます!


 

ほな!おおきに!