5年間、風邪や病気と無縁!免疫を上げるために取り組んでいる5つのこと

ここ数年、インフルエンザはおろか、風邪さえひかなくなりました。以前はかなり重度の花粉症でしたがそれもほぼ無くなりました。5年前までは毎年、生真面目に予防接種をしていたにも関わらずインフルエンザにかかって高熱を出して1週間ほど寝込んでいましたが今はそういうことは無縁となりました。

一体、何をして無病になったのかをお伝えします。いくつかのことを同時並行的に行ったので一体どれが効いているのかは定かではありませんが相乗効果ですべて効いているような気がします。全部実行しなくてもいくつか実行するだけでかなり免疫が上がり風邪などひかなくなるはず。もちろん、今話題のコ口ナなんてかかるはずはありません。

1.毎日筋トレ

5年前から毎日筋トレをするようになりました。曜日ごとに肩、胸、腹・足と部位を変えて筋肉を休ませつつ毎日欠かさず続けています。ジム通いは絶対に続かないので自宅で自重トレーニングをしています。ダンベルとプッシュアップバーがあれば十分。

終わったあとにはプロテインを摂取して筋肉痛と疲れが溜まらないようにしています。プロテインのおかげでお肌がツヤツヤになったのは思いがけない副産物。男性はもちろん、女性には絶対オススメ。


 

アラフィフのオッサンが毎日15分、3年半自宅で筋トレした結果


 

2.明治ヨーグルトR1摂取

以前は1月末から桜が散る季節まで重度の花粉症でマスクなしでは生活できないほど。それでも鼻水ズルズルで詰まって呼吸困難、目は痒くて仕方がない状態でしたが明治ヨーグルトR1を摂取しだしてから年々軽くなり今年はほぼゼロになりました。当初は毎日1個食べていましたが、最近は冬場以外は2日に1個のペースで食べています。

今、振り返ってみてわかったことは花粉を防ぐためにマスクをする→本来の呼吸が妨げられる→十分酸素が脳や内臓に行き渡らない→免疫が下がる→花粉症がひどくなる…というループに陥っていたということ。

昨年からはほぼ症状がなくなったのでマスクを外してしっかり呼吸をするようにしたらさらに症状が改善されました。今から思えば当たり前のことなのですが花粉を防ぐためにマスクをするのは当然だと思っていました。これは大きな間違いで何よりも呼吸は大切。

いま大ヒットしている鬼滅の刃でも「呼吸」は身体能力を最大限に引き出すための重要なポイントですし、ジョジョの奇妙な冒険でも同様。もちろん、ヨガや気功においても呼吸は基本中の基本。それをないがしろにすると様々な所にダメージが出てきます。

マスコミが作り出したコ口ナ騒動により99%の人々が常時マスクをしていますが、ガンなどの病気へまっしぐらということを自覚してください。それが嫌ならできる限りマスクを外して呼吸をしっかり行いましょう。

R1ヨーグルトを1年半飲み続けた結果…花粉症が完治しました

 

3.キャナルリゾートで温泉とサウナ

名古屋市中川区になる天然温泉リゾート「キャナルリゾート」へ毎週通っています。48℃の天然温泉と炭酸泉、フィンランドサウナ、塩サウナがあり回力回復と滋養強壮にとても効果があります。ちょっと身体がだるいときはもちろん、しんどくなる前に訪れて身体を癒すようにしています。

月1回ぐらいは岩盤浴でゆっくりと身体を芯から温めて免疫力を高めています。漫画や雑誌が読み放題なのでそれも楽しみの一つ。色々、リゾートスパをまわりましたが個人的にはキャナルリゾートが一番
お気に入り。

定期的に割安な回数券を販売しており毎年12月に50枚購入してちょうど一年で無くなるぐらいのペース。2020年は12月12日(土)〜20日(日)まで回数券販売がありますのでお見逃しなく。

なお、子育て支援カード「ぴよか」があれば1枚でタオルが2セット無料で借りられますので手ぶらで訪れても大丈夫。めちゃくちゃ助かっています。

キャナルリゾートでタオルを無料で借りる方法

 

4.インフルエンザの予防接種を止めた

毎年インフルエンザにかかっていたのは実はこれが大きな要因だったような気がしています。実際に予防接種を止めてから一度もかかっていません。それまでは毎年のようにインフルエンザで寝込んでいたので明らかにおかしいということが判明しました。

色々調べたところ、インフルエンザワクチンの有効性はたった60%しかなく、しかも型が違ったらほとんど効果がありません。さらにウイルスは毎年進化しており前年までのウイルスには多少有効だったとしてもその年のウイルスには無効ということがほとんど。

それよりも身体に毒である異物を入れるほうがダメージがあるということが身を以てわかったので今後もインフルエンザワクチンを打つことはありません。ちなみに家族もワタクシと同じタイミングでワクチン接種を止めましたが、妻が去年熱を出して寝込んだ以外、誰も風邪やインフルエンザにはかかっていません。

結論から言えばインフルエンザワクチンは打つのは自由ですが打ったほうがかかる確率が増えて効果はほぼなく副作用が色々あるということ。くれぐれもワクチン接種は自己責任と自己判断でどうぞ。

なお、新型コ口ナのワクチンは今までのタイプと違うRNAワクチンでありとてつもなく危険性が高いので健康でいたいなら絶対に打ってはいけません。そもそもコ口ナはただの風邪なのでワクチンなど不要。

今回のコ口ナ騒動がマスコミによるインフォデミックであることはこちらの共同宣言を見れば誰でもおわかりいただけると思います。これを読んでまだ「コ口ナ怖い!マクス必須!」と言ってる人は相当ヤバい。

2019年はインフルエンザが早くも流行の兆し!ワタクシが4年前からワクチンの予防摂取をやめた4つの理由

 

5.完全主義を止めた

先日読んだ「宇宙を味方にする方程式」の冒頭に『花粉症の人には「完全主義者」という共通項がある』と書いてありましたが、まさにその通りだと思います。5年前まではどちからというと完璧主義者、完全主義者で100%ミスのないように仕事を頑張っていました。しかしながら働き過ぎて体調を崩したこともあり、それからは完全主義者をやめてラクに生きることにしました。

そうすると不思議なことに花粉症は軽くなるし、風邪はひかないし、どんどん嫌な仕事は無くなっていくし、周りにはいい人しかいなくなるし…と良いことづくめ。完全主義者を目指して頑張っていたのが何だったのかと…。

宇宙を味方にする方程式


 

世の中にはまだまだ頑張らないと幸せになれないと勘違いしている人が大勢おられます。一日一日を真剣に生きることは大切ですが決して無理に頑張ったり嫌なことを我慢したりする必要はありません。楽しいことだけにフォーカスして嫌なことは嫌だと言って断りましょう。無理しても何一ついいことはありません。

楽しく笑って過ごしていると自然と免疫が上がります。逆に嫌なことを我慢してストレスを溜めるとどんどん免疫が下がり低体温になり、ゆくゆくはガンや鬱病などの病気になります。35度台の低体温の方は思考はもちろんですが、肉を多めの食生活、十分な睡眠、熱めのお風呂に入るなどの対策をして早急に体温を上げましょう。理想は36.4〜37.0度の間ぐらい。

以上、ワタクシが免疫を上げるために取り組んでいる5つのことを紹介しました。自分で実践して明らかに効果があったことだけを取り上げておりますので間違いありませんが個人差があります。全員に効果があるわけではありませんのであしからず。

ほな!おおきに!