手頃な価格で進化したプレミアム・ゴルフウォッチ「VOICE CADDIE T6」レビュー 

先日、四日市の里ゴルフクラブでラウンドしてきました。時折、雪がちらつき風が強く吹いてかなり厳しい天候で寒さに耐えつつゴルフを楽しみました。真冬のラウンドは初めてでしたが、ゴルフは温かい季節に楽しむべきスポーツだということがわかりました。

ゴルフはピンまでの距離の測定が重要なスポーツになります。今回は先日発売されたばかりのプレミアム・ゴルフウォッチ「VOICE CADDI T6」のデモ機を借りることができましたのでこれで距離を計測しつつラウンドしてきました。

 

T6はコースとグリーンの攻略はもちろん、バンカーやハザードの位置、および、前、後ろまでの距離など様々な情報をひと目で確認して簡単に避けることができます。また画面をタップすることにより現在地からその地点までの距離を知ることができるため、どのクラブを使えばいいかがすぐにわかります。

 

ドッグレッグや障害物でピンが見えなくても画面を見ればコースレイアウトやピンの正確な位置を確認することができます。無理せずにレイアップした方がいいのか判断がしやすくなります。

 

またショットを打った地点からボールが飛んだ現在位置までの飛距離を自動で測定してくれます。これにより飛距離をボタン操作なしですぐに確認できます。

 

基本モードでは残りのヤード数(センター、フロント、バックそれぞれの距離)のほかスコア、ストロークなどが表示されますがシンプルモードにすると残りのヤード数のみになり数字が大きく表示されとても見やすくなります。老眼の方はこの差は大きいのではないでしょうか(笑)

 

スマホのアプリと連動させるとより詳細なデータを得たり分析したりすることができます。またLINEやメールなどの通知を受けることもできます。T6単体でも十分な機能がありますがスマホアプリを使えばさらに機能が充実します。

 

バッテリーは時計モードだと約10日間ほど保ちます。文字盤は4種類しかありませんのでやや物足りないかもしれません。デジタル時計の文字盤はシンプルながらかなりカッコいい文字デザイン。Applewatchのようにカスタマイズできるといいのですが…。

 

価格は3万円半ばなので手頃な価格でゴルフウォッチが欲しい方にはぴったり。性能や使い勝手ではガーミンのS62がダントツですが価格は6万円弱になりますので、ラウンドの回数など対費用効果で選んでみてはいかがでしょうか。

ほな!おおきに!

記事が役に立ったらこちらからAmazonを利用していただけると嬉しいです!