関西だしのうどんはやはり最高!旨くて唸る名店紹介「京うどん 生蕎麦 岡北」(うどん・蕎麦/京都)

今年の夏休みはホカンスがてらウエスティン都ホテル京都へ2泊してきました。今回もアメックスSPGカードの無料宿泊特典とポイントで泊まってきました。今まで宿泊したホテルの中では一番良かったかも。

初日の夕食はホテルから歩いて10分ほどのところにある「京うどん 生蕎麦 岡北」へ。事前にウエスティン都ホテル京都へ宿泊したことのある方から情報をいただき、GoogleMap、食べログで調べたら高得点かつ多数のレビューがあったので訪れることに。

営業時間は11〜18時までで、ギリギリの17時50分に入店しました。店内はほぼ満席で5分ほど待ちました。

 

店内は落ち着いた雰囲気で上品な佇まい。店構えと店内のインテリアを見ただけでもう美味しいことが確定。

 

今回は鱧(はも)の天ぷらの冷おろしうどん、ひやしきつねうどん、鳥南蛮うどん、天ぷらうどんを注文しました。鱧天は衣はサクッと身はしっとりフワフワで絶品。大根おろし、生姜、わさび、みょうがと超美味しいダシと歯ごたえのあるやや細めの麺とのハーモニーがこれまた絶品。

 

きつねうどんは少し甘みのある揚げが美味しい。でもこれを頼んだ次女曰く「温かいダシの方がよかったかなぁ」とのこと。

 

温かいうどんのつゆもめちゃくちゃ美味しくて、つゆを飲んでいるだけでも幸せ。やはり本場関西のうどんだしはめちゃくちゃ美味しい。ただし、普段利用している丸亀製麺もかなりのレベルであることを再認識しました。2.5倍の価格差はなく、かなり近いと思います。

 

最初に受付してくれた女性はとても愛想がよく親切だったのですが、テーブルで接客したおかっぱの若い女性は無愛想でこれだけがとても残念。お茶をテーブルへ「ドン」と置くし色々対応が…。笑顔で楽しく仕事したらいいのになぁ。

上記のウエイターの女性以外は雰囲気もとても良く、めちゃくちゃ美味しいのでとってもオススメ。特にウエスティン都ホテル京都に宿泊している方はお散歩がてらぜひ訪れてみてください。

 

ほな!おおきに!

記事が役に立ったらこちらからAmazonを利用していただけると嬉しいです!