旨くて唸る名店紹介「鴨らーめん専門店 空庵」 何を食べても美味しい空庵の期間限定特別メニューベスト3を紹介します

名古屋市緑区にある鴨らーめんの「空庵」。味、店の雰囲気、大将の人柄、待ち時間などを総合して個人的には日本一のラーメン屋だと思います。いや、ラーメンというよりは日本料理、懐石料理に近いレベルで毎回感動して唸ってます。ここを超えるらーめんは全国まわってもなかなかありません。

年明けにGoogleからタイムラインの報告がメールで送られてきて見たところ去年一年間で空庵には23回訪れていました。一昨年から行き始めたので通算すると40回以上は訪れています。そのうち2回は3日連続でお伺いしました(笑)

空庵では「鴨はちらーめん」をはじめ、「梅吉らーめん」、「鴨白湯」、「山椒らーめん」などの定番メニューの他に、期間限定のメニューがあります。大将が研究熱心でいつも何か新しいメニューを開発されており、定期的に変わるので、飽きずに楽しめます。

今回は、それら限定メニューのベスト3を紹介します。すでに終了しているものもあるので、もう一度食べられるかどうかはわかりませんが…。

第3位
赤しそとらっきょの冷やしらーめん

夏限定メニュー。キンキンに冷えた赤しそのスープにキンキンに冷やしてしめた自家製麺が超絶美味い。食欲の衰退する真夏に、スルスル入るありがたい一品。
 
 

第2位
塩のトリュフらーめん


毎朝仕上げる北海道滝川産の鴨と長崎平戸産アゴのだし、北海道産貝柱とピンクローズソルトで仕立てた塩ダレの組み合わせ。それにじっくり炒めたブラウンマッシュルームに極上トリュフオイルを効かせたタルトファターが乗ります。

混ぜるとほんのりとニンニクの香りが漂うスープは絶品。そして、サイドメニューのチーズ茶漬けにこのスープをかけた食べたら悶絶する旨さ。こちらは2019年6月現在、まだ提供されていますので、実食できます。


 
 

第1位
桜えびと春キャベツのたんめん


5月初旬の本当に僅かな期間限定のメニュー。4日後に行ったらもう無くなっていた幻のメニュー。旬の桜えびのほか、プリプリのエビ(種類は不明)が乗っており、ほんのりと桜の香りが漂う気品溢れる一品。

今年も再販されることを願っておりますが、そのタイミングで行けるかどうか。何としても行かねばとは思っておりますが。

 
 

番外編
冷やし鴨らーめん


大将と仲良くなって、お任せで何度かまかないメニューをだしていただきました。その中でも美味しかったのが夏場に出てきた「鴨冷やしらーめん」。「赤しそとらっきょの冷やしらーめん」も美味しいのですが、こちらは純和風のつけ汁でいただきました。また夏場に食べたい一品。大将、よろしくおねがいします!

以上、特別メニューベスト3と番外編ひとつ紹介しました。

各種らーめんはもちろん、それぞれのらーめんに合わせてアレンジされたお茶漬けは絶品。そのほか、各種まぜそば、鴨フレークシチュー、鴨皮ご飯、鴨味噌飯など、どれも美味しいので、お腹に余裕があればぜひどうぞ。

 

鴨らーめん専門店 酒楽亭 空庵

住所
愛知県名古屋市緑区武路町122

名鉄『有松駅』から徒歩15分

営業時間
11:30~14:00
18:00~21:00(なくなり次第終了)

定休日
木曜日、第2・3水曜日

席数
17席
(カウンター9席、テーブル8席「2卓」)

完全禁煙

駐車場
有 店舗前に5台

ほな!おおきに!