誰かが熱中症で死ぬまで、夏の甲子園は中止にならないのか

今年の夏はいまだかつてないほどの暑い日が続いています。場所によっては40度を超える気温になっており外にいると危険な状況。先日、豊田の小学校で生徒が亡くなるという事件がありました。

この事件があってから、やっと小学校の教室にエアコンがないことに世間の注目が集まり、騒ぎ出しました。小学校の子どもを持つ親は以前からずっと言い続けていますが、まったく改善されず。日本は誰かが犠牲にならないと物事が進まない「若者に優しくない国」になってしまいました。

そして、連日35度を越える暑い日が続いているにも関わらず、夏の甲子園の予選大会が行われています。環境省が定めた「暑さ指数」では31℃以上は「危険」と定められており、日本体育協会では「運動は原則中止、特に子供の場合は中止すべき」と言われているにも関わらず、誰も止めることなく炎天下のなか何時間も野球が行わています。

 

マスコミがこの件に触れないのは夏の甲子園のスポンサーが朝日新聞、春の甲子園のスポンサーが毎日新聞だからでしょう。先日、とくダネ!で小倉キャスターがこの件について批判したところ、爆弾発言としてニュースになっていました。

すでに、高校球児をはじめ、応援している観客の生徒らがバンバン熱中症で倒れて運ばれています。おそらく誰かが死に至るまで、中止になることはないのでしょう。愚かなことではありますが…。

甲子園大会は高校球児にとっては憧れの舞台ですし、筆者自身も高校野球はドラマがあるので、毎年楽しみにしています。ただ、下手したら死ぬような状況下で野球をされても楽しめません。

 

夏の甲子園を続けるために以下のような提案をしてみましたがいかがでしょうか。

・予選は6月までの涼しい時期に行い、早めに出場校を決めておく

・屋根がなく炎天下になる甲子園ではなく、ドーム球場で行う。ネーミングライツで夏の間だけ京セラドーム大阪を「甲子園ドーム大阪」にすれば甲子園に出場したことになる。

・試合は早朝と夕方以降、ナイターで行い、10時〜16時までは試合を行わない

・甲子園をドーム球場に建て替えをする

 

地球温暖化が進んでいる以上、今後も夏場は高温になることが予想されます。死者が出る前に、球児も観客も安心して野球を楽しめる環境を整えるよう、関係者のみなさまに一日も早く対策していただけることを願っております。

ほな!おおきに!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です