WordPressのレンタルサーバーをミニバードからXserver(エックスサーバー)に変えた5つの理由

ブログ「ノマサラ」はレンタルサーバーとWordPressで運用しています。先日、レンタルサーバーをミニバードからXserver(エックスサーバー)
へ変更しました。ミニバードは開始当初から4年以上使っていましたが、思い切って乗り換えることに。サーバーの引っ越しは初めての経験だったので自分にとってはハードルが高かったのですが友人の手助けもあり、なんとか無事乗り換えることができました。

 

今回、4年以上使っていたレンタルサーバーをミニバードからXserverへ乗り換えた5つの理由をお伝えします。同じような環境の方の参考になれば幸い。



バズるとサーバーが制限される

ノマサラのPVは普段は1日1,000〜1,500PVなのですが、時々バズることがあります。一旦バズると1日1万PVを超えることがあり、そうなるとサーバーの運営会社から連絡があり、「負荷がかかっているのでサーバーを制限させていただきます」と言われ、動作が極端に遅くなります。この状態だとリソース制限により投稿もままならなくなります。また、CPUの負担を軽減するためCDNなどのサービスを使ってくれとか、プラグインを停止してなどと色々な指示がきました。

Xserverであれば1日1万PV程度であれば余裕で対応できるとのことなので、乗り換えることにしました。

ページの表示スピードが遅い

いくつかプラグインを入れている影響もありますが、ページの表示速度がかなり遅いことがわかりました。以前、受講した「Web解析講座」でGoogleの「PageSpeed Insights」というサービスがあるのを知り、測定したところ、モバイルでは100点中51点の「LOW」、パソコンでは61点の「Medium」という速度しか出ていないことが判明。

表示速度が遅いと直帰率が上がったり、そもそもページを見る前に離脱されたりするため、SEO的にも悪い影響を及ぼします。XserverはSSDを使用し、業界トップクラスの速度を誇りますので、乗り換えることにしました。

レンタルサーバー代以上に確実に稼げるようになった

「ノマサラ」ではGoogleAdsenseなどの広告をいくつか入れています。これにより、ある程度の収益があります。当初はPVも期待できず、広告も入れていなかったので、固定費を抑えるべくミニバードを利用していました。ミニバードは月額税込263円と格安。

一方、Xserverは1年契約の場合で月額税込1,080円と5倍ほど違います。始めるときにXserverも候補にあがり、どうしようか迷ったのですが、ブログが続くかどうかもわからなかったので、ひとまずミニバードにしたという経緯がありました。

おかげさまで、ここ最近は安定してある程度のPVがあり、それに伴って広告料収入があるためXserverのレンタルサーバー代を十分払えるようになり、乗り換えることにしました。

Webとブログに詳しい友人ができた

先日受講した「Web解析講座」の講師であるK氏はWebのスペシャリスト。さらにブログの師匠であり、「変デジ研究所」を運営しているロンスタさんとお友達になり、強力な助っ人ができました。

乗り換えの際、何か困ったり、行き詰まっても、この二人に聞けばなんとかなるという後ろ盾ができたので乗り換えることにしました。

実際、ミニバードのサーバーのデータをダウンロードする時点でつまづき、K氏のお世話になりました。そこはクリアしたものの、乗り換えがほぼ終わった段階でまた行き詰まり、ロンスタ氏に助けてもらいました。ご両人とも本当に親切に教えてくれて、ありがたいことこの上ありません。

なお、乗り換えの際のマニュアルとしてJapan NOMADというブログの記事がとても参考になりました。ある程度スムースに乗り換えができたのはこのブログのおかげ。いやはや、ありがたい時代になりました。

常時SSL化に移行するため

現状、「ノマサラ」は常時SSL化はしておらず「http:」の状態で運営しています。ただし、セキュリティ面においては脆弱で常時SSL化は必須事項。この7月末からはGoogleのChromeから閲覧すると「保護されていないサイトです」という旨の表記が出るとアナウンスがありました

ミニバードでも常時SSL化はできないことはないのですが、サイトのアドレスが変わるためかなり手間と時間がかかるため先延ばしにしていました。しかし、そろそろ常時SSL化しないといけない時期になってきたのとブログの師匠ロンスタ氏が常時SSL化をされたのを知り、どうせ変更するならサーバーを乗り換えてからにした方が効率的なので、乗り換えることにしました。

以上、ミニバードからXserverに乗り換えた5つの理由をお伝えしました。乗り換えてから2週間ほど経ちましたが、今のところ問題なく運用できています。

Xserverにしてから、明らかにアクセス速度が上がりました。表示スピードだけでなく、投稿の際の画像のアップロードなども格段に速くなりストレスなくブログが書けるようになり、GoogleのPageSpeed Insightsの測定ではMOBILEがLOWからMIDへ10ポイント以上上がりました。



今回、サーバーを引っ越しする際につまづいた点を紹介しておきます。

ミニバードのサーバーにアクセスできなかった

引っ越しの際はFTPソフトを使い、サーバーにアクセスしデータをごっそりダウンロードするのですが、繋がらず困りました。結論としてはパスワードが違っていただけなのですが、FTPソフトを使うのは初めての経験だったので、何が原因なのかわからず頓挫。

パスワードはサーバー業者が最初に設定した英数文字の羅列のものから変更していなかったため、それに気づかず普段使っているパスワードを入れていたことが原因。新たにFTPアカウントを追加して解決しました。

Xserverに上がったページを見る方法がわからなかった

サーバーの引っ越しが終わった後、Xserver上に上がったブログを見るためにはhostsファイルを書き換える必要があるのですが、参考にしたブログはWindowsでの方法しか書いておらずつまづきました。筆者と同じくMac遣いロンスタ氏へ質問しました。

いくつかわかりやすい情報を教えていただき、これも無事解決。

ブログのあちこちに謎のメッセージが出た

hostsファイルを書き換え、やっとXserver上の情報を見ることができたのですが、

Warning: Use of undefined constant user_level – assumed ‘user_level’ (this will throw an Error in a future version of PHP)

という謎のメッセージが。またもやロンスタ氏に助け舟を出したところ、「PHPのバージョンをひとつ下げてみてはどうでしょうか」とのこと。試してみたらWaringメッセージが消えました。もうお見事というしかありません。

ミニバードからXserverに乗り換えてよかったことがもうひとつ。ある時からWordPressのiPhoneアプリで投稿や記事の編集ができなくなりました。サーバー会社の担当者に色々質問したのですが、解決できず放置しておりましたが、乗り換えたら元通り使えるようになりました。

ブログから記事を投稿することはほとんどないのですが、下書きをiPhoneですることはあるので、これからはまたWordPressのアプリで直接下書きできます。

まとめ

・ミニバードからXserverへ乗り換えたら費用以外はメリットばかり
・乗り換えはいくつかのブログを参考にすれば、ほぼ一人で大丈夫。いざという時、まわりに詳しい友人がいれば、心強いでしょう。
・本気でブログに取り組むなら投資のつもりで最初からXserverが正解。

 

Xserverへの乗り換えを検討している方や、これからWordPressでブログを始められる方の参考になれば幸い!



ほな!おおきに!