ドラマ終了間近!インベスターZのコミックがKindleで1円からセール中!

まもなくテレビ東京系列で放映中のドラマが終了するインベスターZ。ホリエモンのナレーションや、漫画と同じく、実在のカリスマ経営者が登場することで話題になっています。金曜深夜0時52分からの放送なので、毎回録画して鑑賞しています。SONYのトルネモバイルにて1.8倍速かつCMスキップで観ているので半分以下の時間で観終えることができます。

ドラマ終了間近ということでAmazonのKindleで驚きの価格のキャンペーンセールを開催中。価格は1巻は1円、2巻は2円、3巻は3円…と右肩上がりの価格設定になっています。途中、なぜか、1円繰り上がったりしているため、19巻は21円になっています。最新刊の21巻とそのひとつ前の20巻は通常価格の540円のまま。

もし、19巻までの購入であれば204円(税込)で19冊が揃います。21巻まで全巻購入しても1,284円と破格値。20巻は時々セールを開催しているため、もし、まだ読んだことがなければ、とりあえず19巻まで購入することをオススメいたします。

筆者は昨年の10月末に新刊の発売に合わせてセールが開催されている時に購入しました。この時は20巻まで全冊5円セールだったので、20冊を100円で購入することができました。その時と比べると今回は104円高いですが、このようなセールは最後のチャンスかもしれません。

セール終了の期日は記載されていませんので、突然終わることが予想されます。もし、まだ読んだことがない方は、ぜひこの機会に購入してみてください。巻末の経営者へのインタビューだけでも十分に読む価値があります。時間があるときには時々読み返しますが、毎回新たな発見があります。

投資をしている方はもちろん、これから投資をしようと思っている方、投資に興味のない方も、ぜひ一度読んでみてください!

インベスターZイントロダクション

道塾学園はハイレベルな授業、豪華な校舎と絵に描いたような札幌の進学校。ある秘密をのぞいては――。学園内では全教科満点の成績トップで入学した、財前孝史(清水尋也)の話題で持ちきり。部活の勧誘が殺到する中、強引に孝史の手を引く女子が現れる。ひとつ先輩の藤田美雪(早見あかり)だ。勧誘?もしやモテキ?だが連れて来られたのは図書館にある怪しげな隠し部屋…そこは学年トップの生徒で構成された「投資部」だった!投資とは?金儲けとは?実在の企業・人物も登場し、リアルと虚構が交錯する異色経済学園漫画。

ほな!おおきに!