ボリューム満点のマンゴーかき氷ならここ!旨くて唸る名店紹介「思慕昔(スムージー)本館」(マンゴーかき氷・台北)

旨くて唸る名店紹介シリーズとは・・・
全国各地の美味しいものを食べている筆者の舌をうならせた店のみを紹介するコーナー。値段が高くて美味しいものは世の中にたくさんありますがリーズナブルな値段で満足させてくれる店はそう多くはありません。食べた後に喉が渇かないことも選択基準のひとつ。そういったお店を中心にポツポツ紹介しております。ハードルは相当上げておりますので絶対にハズレはありません。自信を持ってオススメします。

 

先日、家族揃って3泊4日で台北に旅行してきました。娘たちの事前のリクエストは「小籠包食べたい」「マンゴーかき氷食べたい」「タピオカドリンク飲みたい」ということで2日目に達成すべく出かけました。

ランチは台北一番の有名店「鼎泰豊」へ。詳細はこちらのブログで。

小籠包以外もイケる!旨くて唸る名店紹介「鼎泰豊本店(信義店)」(飲茶点心・台北)

食べ終わった後はすぐ近くにある「思慕昔(スムージー)本館」へ。Googleマップで調べたらすごい数のレビュー数と高評価だったので迷わず訪れました。鼎泰豊本店からは歩いて1分ほどの距離にあります。店は四角の端にありすぐにわかります。

 

今回はCNNでも取り上げられたNo.10のモクセイゼリー乗せマンゴー芋圓かき氷を注文。見た目はすごいボリュームなのでとりあえずひとつだけ注文。

 

番号を書いた紙を渡されて待つこと10分で念願のマンゴーかき氷が出てきました。

 

インスタ映え間違いなしの見た目もボリューム。娘たちは大喜びで食べてくれました。

 

ここのかき氷はカップが上げ底ではなく、むしろしっかり底までえぐれているため、4人でも十分すぎるぐらいのボリュームがあります。2人で食べている方は途中で残している方もちらほらおられました。普段はかき氷をシェアすると「もうちょっと欲しい。お父さん、ひと口が多い〜」という娘たちが今回は「もう十分過ぎるぐらい食べた。あとはおとうさん食べていいよ〜」とまだ残っている状態でパスしてきました。どれだけのボリュームか想像いただけると思います。

 

これで250元(約900円)は超お値打ち。日本で食べたらおそらく倍ぐらいはするでしょう。実際、日本で食べるアイスモンスターのかき氷はここまでのボリュームはなくて1,500円以上します。

台湾名物の二つを一気に食べられる「鼎泰豊と「思慕昔(スムージー)本館」は東門駅からすぐの場所にあります。さらにタピオカドリンクが飲める「天仁茗茶」もすぐ近くにあります。「小籠包食べたい」「マンゴーかき氷食べたい」「タピオカドリンク飲みたい」というリクエストを同時に片付けたい方はぜひこの3つの店を訪れてみてください!MRT東門駅からすぐの場所にあります。

思慕昔(スムージー)本館

天仁茗茶(タピオカドリンク)


ほな!おおきに!