メルペイの50%ポイント還元キャンペーンが始まりました!つかわにゃソンソン!

10月の消費税増税に向けてキャッシュレス決済が加速しています。中でもスマホを使うスマホ決済・QRコード決済は各社大盤振る舞いのキャンペーンをしかけてシェア獲得競争を繰り広げています。今月6月、PayPayはドラッグストアで購入すると最大20%ポイント還元、LINE Payは6/1~9まで家電量販店などでの購入で20%ポイント還元のキャンペーンを行い、6/23~30にはコンビにでの購入で20%ポイント還元のキャンペーンを開催します。

そして、やや後発のメルペイが 「あと払い設定」という条件がありますが 6/14(金)から6/30(日)までセブンイレブン、ファミリーマート、ミニストップなどのコンビニをはじめ、SCのイオン、家電量販店のビックカメラ、ドラッグストアのココカラファイン、ウェルシア、スギ薬局などで50%ポイント還元を仕掛けてきました。

セブンイレブン、ファミリーマートに関してはなんと70%のポイントが還元されます。ただし、この両店舗はiD端末対応みの支払い可能なのでiPhoneユーザーの場合iPhone7以降の端末かAppleWatchでの利用が条件になります。上限は2,000円までなので50%還元の場合は4,000円分、70%還元では2,858円まで還元対象となります。コンビにでは買い物はしませんが、ドラッグストアでは結構買い物をするので、この機会を逃す手はありません。

 

これだけ各社ポイント還元をしていることに少々違和感を覚えますが、先行投資してシェアを獲得する場合、こういった戦略が功を奏するのは間違いありません。過去、ソフトバンクがADSLを一気に普及させた時とほぼ同じ戦略であり、あとは各社の体力勝負になると思われます。

個人的には莫大な資金を持っているソフトバンクのPayPayとメッセージインフラとなっているLINEのLINE Pay、若者に人気のフリマアプリを運営するメルカリのメルペイの3つが残るような気がします。

とにかく現金で支払いをするのが本当に面倒ですし時間もかかるので一日も早くすべての店舗がキャッシュレス決済に対応して欲しいと切に願います。現金主義者の中には災害で電気が使えなくなったら現金しか役に立たないからキャッシュレス決済は危ういという方が時々おられますが、もしそういう状況に陥った時だけ現金で凌げばいい話。自宅に10万円ぐらい置いておけばなんとかなるでしょう。それ以上長期化するような場合はATMも動かないし、そもそも都市機能が麻痺していると思われますので現金云々の話ではなくなっているはず。

話が少々脱線しましたが、今後、スマホ決済サービス事業者が様々なキャンペーンを仕掛けてきますのでぜひ波に乗って還元サービスを享受しましょう。今からでも遅くはありません。少なくとも数万円は違ってきますので、まだ各社のサービスに登録していない方は今すぐ登録を

なお、メルペイを使う場合はメルカリのアカウントが必要となりますので、まずはメルカリの登録をしましょう。その際は紹介コード「CEPUKR」を入力すると300円分のポイントが貰えますので忘れずに~。

ほな!おおきに!