全てにおいてレベルが高い至高の一杯 旨くて唸る名店紹介「饗 くろ㐂」(ラーメン・秋葉原)

先日、美術館や新しい商業施設などを巡るため東京へ1泊2日で行ってきました。展覧会を鑑賞することも楽しみですが、東京のグルメも楽しみのひとつ。

前回はコンサルタントの美崎栄一郎さんに焼き肉屋の「生粋」に連れて行っていただき美味しい焼肉を堪能しました。今回も行きたいと事前にオファーしたのですが予定が合わず。翌週に開催されるとのことでなんとも残念…。

旨くて唸る名店紹介「生粋」(焼肉・東京上野)人生で一番しかも断トツで美味しい焼肉を味わいました!

 

旅先で食事をする場所は行き当たりばったりではなく、事前にかなり綿密に調べてから訪れます。最近はGoogleマップで調べてから食べログで再確認するという手法を使っています。Googleマップで4.0以上、食べログで3.6以上である程度レビュー数があるところなら大きくハズレることはまずありません。最近は食べログは点数を操作しているような情報があり、その点ではGoogleマップの方が信用できるような気がします。

今回、初日のランチは友人に聞いて伺ったクッチーナ イタリアーナ アリアが大当たり。美味しいウニといくらの生パスタをいただき大満足。

生パスタが絶品!旨くて唸る名店紹介「クッチーナ イタリアーナ アリア 六本木」(イタリアン・六本木)

 

2日目のランチは以前も訪れた鴨to葱でらーめんと親子丼をいただきました。こちらは安定の美味しさ。今回は鴨と葱の天ぷらを注文しましたが激うま。

美味しい鴨らーめん発掘!旨くて唸る名店紹介「らーめん鴨to葱」(ラーメン・上野)

 

そして2日目の夕食は秋葉原と浅草橋の中間地点にある「饗 くろ㐂」へ。Googleマップでの評価が4.1点でクチコミ数は902件、食べログでの評価は3.91でクチコミ数は807件(2019.11.18現在)と美味しい条件としては必要十分。期待が膨らみます。店舗は秋葉原駅の高架沿いを歩いて8分ほどの場所にありますが19時過ぎに到着したら6名ほど並んでいました。まず食券を購入してから列に並ぶルールになっています。

 

塩か醤油か迷いましたが今回は初めてなのでまずは特製醤油そばを注文。麺は手もみ麺と細麺があり、ここでもかなり迷いましたが手もみ麺を選択。並んでから20分ほどで着座できました。事前に食券を渡しているので席に着いてからは程なく出てきました。

醤油そばはらーめん碗の縁に美味しい醤油が直接スプレーされており、まずはそこからひと口スープをいただきます。とても香りが良く、スープとの相性も抜群。すでに美味しさのレベルがわかってしまいました。

 

手もみ麺はモチモチの食感と小麦の香りが素晴らしくめちゃウマ。スープと相性もよく完璧な組み合わせ。ただし、細麺も美味しいような気がします。

 

具材は特製を注文したこともあり見た目も美しくどれも激ウマ。低温調理されたチャーシュー、完璧な半熟の煮卵など、どれも絶品。少々お値段しましたが特製にして大正解。

 

かなりの距離を歩いてお腹が空いていたので地鶏めしも注文。これまた旨し。残ったスープをかけたら悶絶しました。

 

この醤油そば以外にも塩そば、和えそば、油そばなどがあり周りの人がそれぞれ食べていましたが、どれも見た目もステキで美味しそうだったのでまたリピートします。近くにあったら確実に全メニュー制覇するまで訪れるのは間違いないのですが、東京となるとなかなか機会がなく半年に一度ずつのペースになりそう。

 

東京にお住まいの方はもちろん、遠方に住んでて東京へ訪れるという方はぜひ訪れてみてください。自信を持ってオススメします!

 

ほな!おおきに!