Amazonプライム・ビデオで観られるアニメ「鬼滅の刃」が超絶素晴らしい!

先日、Webライダー松尾茂起さんのVoicyを聴いていたら「鬼滅の刃(きめつのやいば)」というアニメが映像もストーリーも素晴らしくハマっていると仰っていたので早速Amazonプライム・ビデオで観てみることに。松尾茂起さんはWebライターの世界ではバイブルとなっている「沈黙のWebライティング」「沈黙のWebマーケティング」などのベストセラー作家でもあり、ピアニストであり作曲家でもあるマルチタレント。以前、お友達の紹介でお会いしたことがありますが人柄も素晴らしく尊敬している経営者のひとり。

 

 

普段アニメはほとんど観ないのですが松尾さんが勧めるのであればハズレはないと思いつつ鑑賞しましたが予想を遥かに超える面白さと映像の美しさで久しぶりにハマりました。23時過ぎから見始めたのですがなかなか止められず5話まで一気に観てしまいました。次の日が仕事でなければ10話ぐらいまで観ていたかもしれません。


 

現在、26話まで公開されており、あまりにも面白いので一気に観るのは逆に勿体ないような気がしてきました。毎日1話ずつ観た方が長く楽しめますが果たして1話だけで終われるかどうか自信がありません(笑)

アニメーション制作はufotableが手がけているため世界最高峰の美しいアニメーション表現となっています。同じストーリーでも制作会社によって全く作品のクオリティが違ってくるので厳選してufotableに依頼したとのこと。序盤の雪が降るシーンなど本当に美しく息を呑むシーンがいくつもあります。

ストーリーは簡単に言えば鬼退治の物語なので現代版桃太郎と言えるかもしれません(笑)単行本は350万部を超える大人気漫画のようですが松尾さんのVoicyを聴くまで全く存在を知らず…。人間、興味のないことは目に入らないものだと改めて実感しました。アンテナは色んな方向に立ててないといけませんね。

STORY
時は大正、日本。炭を売る心優しき少年・炭治郎は、ある日鬼に家族を皆殺しにされてしまう。さらに唯一生き残った妹の禰豆子は鬼に変貌してしまった。絶望的な現実に打ちのめされる炭治郎だったが、妹を人間に戻し、家族を殺した鬼を討っため、“鬼狩り”の道を進む決意をする。人と鬼とが織りなす哀しき兄妹の物語が、今、始まる―!

 

鬼滅の刃とは

週刊少年ジャンプにて大好評連載中の、吾峠呼世晴による漫画作品。2016年WJ11号より連載開始。人と鬼との切ない物語に鬼気迫る剣戟、時折コミカルに描かれるキャラクターたちが人気を呼び、単行本一巻~十四巻で累計発行部数が350万部を突破。
今なお注目を集め異彩を放つ本作。独自の世界観を構築し続け、新たな少年漫画の金字塔として存在感を示している。

 

普段アニメを観ない方でもこの「鬼滅の刃」はハマるような気がします。ややグロテスクなシーンがありますが、老若男女問わず楽しめますので、Amazonプライム会員の方は無料で観られますのでぜひ一度ご覧ください。ただし、夜時間がある時に観ないと寝不足になりますのでご注意あれ。


 

コミックのセットも紹介しておきます。資金に余裕のある方は大人買いしてみてください。


 
ほな!おおきに!