ITビジネスの構造や歴史がわかり今後必ず役に立つ!書評「ネットビジネス進化論」尾原和啓著

エンタメ界の天才、キングコングの西野亮廣氏がことあるごとに「この人すごい」と絶賛している尾原和啓氏の著書「ネットビジネス進化論」がKindle unlimitedで無料で読めるようになったので早速読んでみました。

 

ITビジネスの全体構造や歴史についてわかりやすくまとまっています。GAFAの概要やシェアリングエコノミーについてなどネットにまつわる情報が端的に書かれています。ネットビジネスで勝ち組となっている企業に共通する原理や儲けの仕組みがわかります。

この「ネットビジネス進化論」を読めば最近のIT関連のトレンドの概要はつかめるはず。逆に書いてあることがちんぷんかんぷんの方はかなりヤバイかもしれません。

終盤に書かれていた「好きなことややりたいことを縦糸にネットを横糸にしてビジネスをすることが肝要」という点については完全同意。これからの時代は何をするにしてもガッチリ儲かるのは「ネット ✕ 何か」であることは間違いありません。

「わたしデジタル苦手なんで…」という方が結構おられますが「わたし儲ける気ないんで…」と言っているのと同義になります。たとえリアル店舗を運営していたとしても販売や集客などにネットを使うか使わないかで売上や利益は大きく違ってきます。

コロナの影響で様々な業種が苦境に陥っています。リストラや契約解雇など大勢の方が露頭に迷うことが予想されます。その時にネットの力を借りつつ自分で稼ぐことができればなんとか生き残れます。一方、ネットを使えない方はどんどん貧しくなり住まいさえ追い出されることになるかもしれません。ただし「今の仕事がなくなっても生きていればなんとかなる」ので絶対に自殺してはいけません。

今後は多くの職種でテレワークが導入され場所を限定されず働ける環境が増えていきます。そうなった場合にデジタル領域が得意か否かで採用はもちろん収入も大きく変わってきます。

これからの日本で生き残るにはネットの知識はもちろん、最低限の技術も必要になってきます。そういった知識や技術の習得はブログやYoutubeなどネットで無料、もしくは格安でできる環境が整っています。 あとはやるかどうか、それだけ。

尾原和啓氏はネット界隈の先駆者であり天才西野亮廣氏が絶賛するだけあって発信される情報は有益なものが多くとても参考になります。著書を読むことはもちろん、Facebookなどをフォローしてトレンドを掴んでみてください。

そしてこれを書いていたら尾原和啓氏と山口周氏の共著である「仮想空間シフト」もKindleUnlimitedで無料で読めるようになりました。先日読んだ山口周氏の著書「ニュータイプの時代」は素晴らしい良書だったのでこの二人の対談本なら面白くないわけがありません。めちゃ楽しみ。早速読んでまたレビューします。

ほな!おおきに!