もっと若い時に読みたかった… 書評「本当の自由を手に入れる お金の大学」両@リベ大学長著

去年から今年にかけて時代の流れが一気に変わりました。いわゆる「地(土)」の時代から「風」の時代へ移り変わりました。お金の価値もおそらく変わってきますが、まだしばらく必要な時代は続きます。

 

お金の勉強本として、いま一番売れているのが「本当の自由を手に入れる お金の大学」。すでに57万部を突破しAmazonのレビュー数は4,000を超えており星4つ以上が90%という誰しもがオススメする一冊。


 

 

中田敦彦さんのYouTube大学でも大絶賛されており「今まで紹介したお金本の中で決定版。めちゃくちゃ面白い、めちゃくちゃわかりやすい」と評判になっています。

 

「読者が選ぶビジネス書グランプリ2021」や「ビジネス実務 部門賞受賞」などを受賞しており、資本主義社会に暮らす人は全員読んだ方がいいと思います。

本当の自由を手に入れる お金の大学」概要(出版社より)

一生お金に困らない「5つの力」をわかりやすく解説!

多くの日本人がお金から自由になれないのは、学校で「お金」について学ぶ機会がなかったから。

お金に困らない人生を送るためには、「貯める・稼ぐ・増やす・守る・使う」という5つの力を学び、行動していくしかありません。

本書では、5つの力の身につけ方を徹底してわかりやすく解説しました。

 

「貯める」:人生の6大固定費を徹底的に見直せ!

「貯める力」とは生活の満足度を下げずに支出を減らすことです。

そのためには、人生の6大固定費である (1)通信費、(2)光熱費、(3)保険、(4)家、(5)車、(6)税金 を見直しましょう。

たとえば、簡単なところでいうと、スマホを格安SIMに乗り換えることです。

その他にもカンタンな手続きでムダな支出を減らす具体的な方法を紹介!

 

「稼ぐ」:転職や副業で収入パワーを上げろ!

支出を減らしたら次は収入アップです。

ただ、一社に勤め続けるだけでは収入はなかなか上がりません。

大きな選択肢は2つ。

一つは、より条件の良い転職先を探して給与所得を上げること。

もう一つは、副業を始めて事業所得を新たに得ることです。

本書ではメルカリなど誰でもできる副業から、せどりやプログラミングなど少しレベルの高い副業まで、はじめの一歩を解説しています。

 

「増やす」:貯蓄を投資に回してお金のなる木を買え!

「貯める」「稼ぐ」で態勢が整ったら、次はいよいよ「増やす」。投資家の仲間入りです!

でも、その前にまず大事なのは生活防衛資金を確保すること。

その上で詐欺に騙されないように投資の基礎や相場観を養い、成功する可能性の高い方法から始めてみるのです。株や債券、不動産など各金融商品の特徴もわかりやすく押さえています。

「守る」「使う」:本当の自由を手に入れるために

そして、最後に「守る」「使う」マインドにも触れています。

収入や資産が増えていく中で、そのお金をどう人生に活かすかを考えることで真の「豊かさ」を手に入れられるのです。

ぜひ『お金の大学』で学び、行動を起こし、本当の自由への一歩を踏み出してください!

 

これを読んで、全てとは言わず、いくつか実践するだけでも相当変わります。まずは通信費の削減として格安SIMに乗り換えてみてください。おそらく半分程度にはなります。我が家はIIJ mioを利用しており、iPhone5台、iPadmini1台で月々6,000円前後で運用しています。一番簡単なのは格安SIMに乗り換えることなのでまだ大手三社のキャリアで散財している方は、ぜひ明日にでも切り替えしてみてください。


 

光熱費は東邦ガスにひとまとめにすることにより、20%ほど削減できました。




保険は3年ほど前に信用できるFP(ファイナンシャルプランナー)に相談し半分程度になりました。

住まいは賃貸物件で一昨年リフォームされて新築のようになったひとつ上のフロアの部屋に引っ越しし、家賃が下がり一石二鳥。

UR都市機構の神宮東パークハイツが子育てするには素晴らしい環境!オススメする12の理由

 

車はマイカーを保有しており金食い虫ですが子どもがいるので必要不可欠。次回買い替えるときは中古の外車を減価償却資産として購入する予定。

税金についてはふるさと納税したり、その他いろんなテクニックを使って還付しています。

固定費を削減したら転職や複業で収入を上げて、貯蓄を投資に回して増やしましょう。そして最後はお金を守りつつ、有効に使いましょう。ある一定金額貯まり上手に運用できれば、お金を使っても減らない状態になります。 「FIRE 最強の早期リタイア術」という本もありまのすで、ぜひこちらもどうぞ。

 

幸せはお金では買えませんが、人生の幅を広げることはできます。お金はありすぎてもたいへんみたいですが、無さすぎてもたいへんなので上手に貯めて、稼いで、増やして、守って、そして、使いましょう〜!

ほな!おおきに!