AppleのAirTagの4つの位置がようやく決まりました!やはり意外と便利!

先日、久しぶりに新しいアイテムとして発売されたAppleのAirTag。すぐに必要だと思ったのは2つでしたが、単品よりセットがお買い得なので特にあてもなく4個セットを購入しました。

 

まず1つ目は財布に入れました。2つ目は自転車や家の鍵をまとめているキーケース、3つ目は自転車本体に設置しました。あとひとつどこにしようか考えていてデジタル一眼レフカメラに付けようかとも思ったのですが、絶対に無くさないような気がしたので保留にしていました。

そんな折、仕事で付けている名札を紛失しました。クリップで挟むタイプのバッヂで荷物を運んだりした拍子に飛んで落ちることが過去にもしばしばありました。ワタクシ自身、ほとんど忘れ物はしないしモノも無くさないのですが、このバッヂは過去何度も落としています。大体はすぐに出てくるのですが、見つかるまでは不安になります。

というわけでバッヂにAirTagを付けることにしました。バッヂ本体は小さいのでAirTagを付けることはできないのですが、バッヂの下に胸章を付けており、その裏に貼ってみました。サイズ的にちょうどいい感じ。

 

今後は万が一落としたとしても場所を特定できますし、音を鳴らして探すこともできるようになりました。これで一安心。付けてから半月ほど経ちますがまだAirTagのお世話にはなっていませんが…。

AirTagが活用した事例としては財布がかばんに入れたはずなのに所定の場所になく、かなり焦ったのですが「探す」アプリで見たらすぐ近くにあることが判明。車の後部座席の下に落ちていました。どうやらかばんに入れるときにこぼれた模様。

 

長財布を買い替えた

 

キーケースはいつもは帰宅したら玄関のフックに掛けるようにしています。先日、玄関の扉が空いていたのでそのまま入り、そういう時に限っていつもと違う場所にキーケースを入れていて、見つからず…。AirTagを鳴らして無事発見しました。

 

15年ぶりにキーケースを買い替えてみた

 

自転車はまだ移動されたり盗られたらしていないのでAirTagが活躍していませんが、今後も使うことが無いことを願っています。

 

【レビュー 】GIANT RX1購入してから3年経ちました!

AirTagはとりあえず、付けておけば安心して過ごすことができます。いざという時にしか活躍しないアイテムなので買ったらすぐに使えるというシロモノではありませんが、忘れ物や無くしものが多い方はぜひ付けておきましょう。ひとつ3,000円で安心が買えると思えば安い投資だと思います。

ほな!おおきに!

記事が役に立ったらこちらからAmazonを利用していただけると嬉しいです!