新メニューもヤバウマ!美味しくて唸る名店紹介「酒楽亭 空庵」(らーめん・緑区有松)








美味しくて唸る名店紹介シリーズとは・・・
全国各地の美味しいものを食べているワタクシの舌をうならせた店のみを紹介するコーナー。

値段が高くて美味しいものは世の中にたくさんありますがリーズナブルな値段で満足させてくれる店はそう多くはありません。

食べた後に喉が渇かないことも選択基準のひとつ。

そういったお店を中心にポツポツ紹介しております。

ハードルは相当上げておりますので絶対にハズレはありません。

自信を持ってオススメします。

 

 

「美味しくて唸る名店紹介」に最多登場の空庵が、先日メニューを一新し、新しいラーメンなどの提供をはじめました。

今年の初めから長期間休業し、試行錯誤を繰り返し、やっと満足のいくものが仕上がったと先日、大将から発表があり、早速伺いました。

以前から新しいメニューを考えておられましたが、今回のリニューアルは鳥インフルエンザにより鴨の値段が高騰し、鴨らーめんの値段がとてつもなく上がってしまうこともひとつのきっかけとのこと。

新しいラーメンは「ポルチーニ」を使ったラーメンになります。

 

その名も「ポル吉」。

 

まずは水と塩だけで作った鶏のエスプレッソからスタートします。

オシャレな酒坏に鶏のスープが入っており、これが激ウマ。

 

器は何種類かあり、SAKE、JAPAN、酒などのマークが入っています。

 

続いて葱の泡を載せた恵那鶏の炭火焼き。

 

大豆レシチンを茹でるときにできる泡をすくって乗せてあります。

まず一切れはそのまま食べました。

もう一切れは春巻きの皮に巻いて食べました。

 

これも、ヤバウマ。春巻きの皮との相性も抜群。

 

そしてメインの「ポル吉」が登場。

 

レアに仕上げられた恵那鶏の胸肉が二つ乗っており、一つはすぐに食べて、もう一つはスープの中にじっくりつけていただきました。

 

これが美味しいのなんの。

レアのままでも美味しいし、しっかり火が通ったものも美味しい。

どちらも甲乙つけ難い美味しさ。

そしてポルチーニは素晴らしい香りとともに、口の中でとろけてなくなりました。

 

スープも絶品。最後まで飲み干せます。

サイドメニューで頼んだ鴨ぶつもめちゃウマかつ見た目もフランス料理のよう。

 

低温調理した鴨チャーシューに細かく包丁を入れることにより、最高の食感を生み出しています。

 

最後の鶏白湯で炊いた「炊き込みご飯」の上には恵那鶏のささみの松前漬が乗っています。

まず3口ほどそのままいただきます。

 

この時点でもめっちゃ美味しいのですが、白湯スープをかけてお茶漬けにして食べたら、さらに美味しさがアップ!

 

空前絶後の美味しさ!

ぬか漬けもこれまた旨し。

 

大将が、長期間試行錯誤して出来上がった自信作なので、美味しいことはわかっていましたが、ワタクシの期待をさらに超えていました。

いやはや、幸せ、幸せ。

お腹の都合上、空庵謹製まぜそばまで至りませんでしたので、次回はまぜそばと炊き込みご飯をいただきたいと思います。

なお、以前のらーめんは鴨はちらーめんをはじめ、ダシを取るのに蟹が入っており、エビ・カニアレルギーの人は食べられませんでしたが、このポル吉はエビ・カニは入っておりませんので安心してお召し上がりいただけます。

次女がエビ・カニアレルギーのため、空庵のラーメンが食べられなかったのですが、今回やっと食べることができて喜んでおりました。

空庵のらーめんを食べたことがある方もない方もぜひリニューアルされたメニューを食べに訪れてください。

ほな!おおきに!

記事が役に立ったらこちらからAmazonを利用していただけると嬉しいです!