手ごねハンバーグがジューシー!美味しくて唸る名店紹介「キッチン ルミエール」(洋食/大阪中之島)








美味しくて唸る名店紹介シリーズとは・・・
全国各地の美味しいものを食べているワタクシの舌をうならせた店のみを紹介するコーナー。

値段が高くて美味しいものは世の中にたくさんありますがリーズナブルな値段で満足させてくれる店はそう多くはありません。

食べた後に喉が渇かないことも選択基準のひとつ。

そういったお店を中心にポツポツ紹介しております。

ハードルは相当上げておりますので絶対にハズレはありません。

自信を持ってオススメします。

 

 

先日、大阪の中之島美術館へ開館記念特別展「モディリアーニ ─愛と創作に捧げた35年─」を鑑賞しがてら行ってきました。

大阪中之島美術館の開館記念特別展「モディリアーニ ─愛と創作に捧げた35年─」に行ってきた!

 

鑑賞後、同行した方のポートレート撮影をしてからランチへ。

事前に近くで美味しそうな店をGoogleMapで調べ、今回訪れたのが「キッチンルミエール」。

中之島美術館からは歩いて5分ほどの距離にあります。

 

マンションの1階にあり、カウンター6席と2名がけのテーブルが4つのこぢんまりとした佇まい。

 

ランチメニューはイチオシの手ごねハンバーグのほか、旨辛ビーフカレーライス、和風ローストビーフ丼、スペイン産 栗豚の鉄板焼。

 

今回は初訪問なので、まずは手ごねハンバーグをチョイス。

トッピングはダブルトッピングで蘭王エッグ&チーズをチョイスしました。

まずはコンソメスープが出てきました。優しい味わいで、めちゃウマ。

 

そして10分ほどで手ごねハンバーグが運ばれてきました。

蘭王エッグは黄身がオレンジ、それも赤に近いオレンジで、味が濃厚。

 

ハンバーグは手ごねだけあってジューシーで切ると肉汁が溢れ出てきます。

かといって脂ギッシュではなく、ちょうどいい感じ。

 

ライスは少なめで、ハンバーグも小ぶりなので、お腹いっぱい食べたい方には、ちょっと物足りないかもしれません。

普段は昼ご飯を食べないことも多いので、個人的にはちょうどいい分量。

スペイン産 栗豚の鉄板焼も、めっちゃ気になりましたので、次回中之島美術館を訪れた時には、手ごねハンバーグ以外のメニューを試してみます。

ディナーも美味しそうなのですが18時からなので美術館が閉まってから1時間近く待たなければならないのがネックかな…。

個人的には17時オープン、21時終了でも良いんじゃないかと思ったり…。

 

キッチンルミエール

アクセス

京阪電鉄、中之島駅
6番出口より徒歩3分

地下鉄四つ橋線、肥後橋駅
3番出口より徒歩8分

JR東西線、新福島駅
徒歩8分

中之島駅から341m

営業時間

ランチタイム
平日11:30~14:00L.O
土日祝11:00~15:00L.O
ディナータイム
18:00~22:00L.O

ランチタイムの予約は不可。

定休日

月曜日(祝日の場合は営業、翌平日お休み)、第二水曜日

 

 

ほな!おおきに!

記事が役に立ったらこちらからAmazonを利用していただけると嬉しいです!