家族で半田市にある市野園芸にイチゴ狩りに行ってきた!








先日、愛知県半田市にある市野園芸へイチゴ狩りに行ってきました。

娘たちが、まだ小さい頃に一度訪れましたが、久しぶりの訪問となりました。

名古屋市内からは車で1時間ほど。

GW期間中でしたが、渋滞もなく予定通り10時30分前に到着。

 

市野園芸はとても人気があるので、事前に予約していないと、まず入場できません。

行く前にインターネットで予約しておきましょう。

料金は時期によって変動しますが、訪れた時は大人1,300円、小学生1,000円、幼児800円(全て税込)。

 

まずは受付でお会計をします。

現金しか使えませんので、ご注意ください。

我が家は小学生が一人いるので、家族4人で4,900円となかなかのお値段になりました。

 

ビニールハウスはそれぞれアルファベットが振ってあり、今回は「R」のハウスでいちご狩りすることになりました。

 

ハウスに到着するとスタッフがいて、どこのウネか指定され案内してくれます。

 

当日は、外は涼しく日陰は肌寒いくらいの気候でしたが、ハウス内は汗ばむほどの暖かさ。

半袖Tシャツ1枚で十分な気温だったので、それを考慮して服装を準備しておきましょう。

ここのイチゴは腰ぐらいの高さに実があるので、かがまなくても採ることができます。

 

今年は不作とのことでしたが、大ぶりなイチゴもたくさんありました。

 

採れたては甘くて柔らかくて、メチャウマ。

練乳やチョコレートソースは持ち込みしてもいいですし、現地でも販売しています。

10個ぐらい食べた時点で、少々飽きてきたので、練乳を付けて食べ始めました。

結果的にはワタクシが30個、妻と次女が40個食べました。

 

長女は小さい頃からあまりイチゴが好きでないので10個で終了。

 

隣のウネにいた方は、毎年来ているらしく、たくさん食べられる方法を教えてもらいました。

それはクーラーボックスに氷を用意して、そこに冷たい井戸水を足してイチゴをまず20個ぐらい採って浸けておくと、冷えてめっちゃ美味しくなり、たくさん食べられるとのこと。

 

なるほど、そういうテクニックがあるんですね…。

来年以降、来る時は用意して伺います(笑)。

「イチゴを食べる」ということだけを考えたらスーパーで買った方が安いですが、家族でイチゴ狩りという体験はプライスレス。

次女は小学生料金で40個食べたので、そこそこだったかな(笑)。

持ち帰り用のイチゴが販売されていましたが、妻も娘も「しばらくイチゴはいいや」とのことで、買わずに帰りました。

 

ハチミツが販売されていましたが、まだ自宅に結構あるので、今回は見送りましたが、本物のハチミツが食べたいなら良さげ。

終わった後は、コストコホールセール中部国際空港倉庫店で買い物をしてから、隣りにあるめんたいパークで明太子おにぎりをいただきました。

ここのおにぎりは大ぶりで具の明太子もたっぷり入っているので、めちゃオススメ。

コストコでクラムチャウダーを買って、外のベンチで食べるというのが我が家の定番になっています。

市野園芸の受付は5月下旬までですが、すでに予約は一杯になっているみたいでカレンダーでは予約終了となっています。

また来年以降、イチゴ狩りをしたいと思ったら、ぜひ市野園芸を訪れてみてください。

 


ほな!おおきに!

記事が役に立ったらこちらからAmazonを利用していただけると嬉しいです!