熱田神宮の朔日市で手に入れた「米たまご」や「フルーツトマト」がめちゃウマ!








毎月1日に熱田神宮へ朔日参りをするようになって8年以上が経ちました。

毎月欠かさず、朝7時台に友人と待ち合わせて、参拝した後、モーニングを食べつつ、ひと月あったことをお互い報告し、アップデートしています。

「朔日参り」は住まいの氏神様へお参りをする習慣で、お願いをするのではなく、お礼を伝えに行きます。

おかげさまで、大きな病気や事故もなく健康に過ごせています。

今回はモーニングの後、隣の秋葉山で開催されている朔日市を訪れてみました。

 

あつた蓬莱軒、亀屋芳弘、妙香園、味噌煮込みうどんの山本屋、大矢蒲鉾商店など名古屋の名店が出店しており、それぞれ焼きそば、唐揚げ、どら焼き、五平餅などを販売しています。

 

今回はあつた蓬莱軒のはまぐり焼きそばと唐揚げを買いました。

さすが名店だけあって、お祭りの屋台とは全然レベルが違います。

 

そのほか、知多にあるココテラスの農家直送米たまご「明日」と米たまご専用醤油を購入。

 

夕ご飯に食べましたが、めっちゃ濃厚でヤバうま。最後の晩餐はこのたまごかけご飯がいいかも(笑)。

 

あとはアグリメイトの朝採れフルーツトマトを購入。

 

ちょうどリピーターのお客さんがおられて「このトマトめっちゃ美味しいよ!」とのことだったので試しに買ってみました。

少し冷やして塩をつけて食べましたが、確かに旨い。

トマトの酸味がありつつ、甘みもしっかりあります。

 

ヤングコーンもあったらしいのですが、完売しており買えず残念…。

次回は狙ってみます。

朔日市は月によって熱田神宮、もしくは秋葉山で開催されています。

熱田神宮へ朔日参りしつつ、ぜひ朔日市にも立ち寄ってみてください!

ほな!おおきに!

記事が役に立ったらこちらからAmazonを利用していただけると嬉しいです!