波動を上げればいい方向に向かいます!書評『時間と空間を操る「量子力学的」習慣術』







少し前からAmazonのブックオーディオサービスのAudibleを利用しています。

Amazonの聴く読書「Audible」の2ヶ月無料キャンペーンに申し込みました!

 

移動中はたいてい、このAudibleかYoutubeの音声を聴いています。

最近は量子力学の世界に興味を持ち、片っ端から読んだり聴いたり観たり、実際に講座に行って学んだりしています。

今回紹介するのは村松大輔著「時間と空間を操る「量子力学的」習慣術」。

created by Rinker
¥1,247 (2024/04/16 21:48:12時点 Amazon調べ-詳細)
この世界の全てのものは素粒子から構成されおり、私たち人間も例外ではありません。

つまり、私たち自身にもエネルギーが存在し、そのエネルギーをコントロールすることで、高いパフォーマンスを発揮することができます。

このエネルギーをコントロールするために、私たちはフォトンという素粒子に働きかけることができます。

フォトンが波として振動することで、私たち自身も同じ波動数で振動することができます。

このように、私たちはフォトンと共振することで、高いエネルギーを生み出すことができます。

そして、この高いエネルギー状態に入ることで、私たちはゾーンに入ることができます。

ゾーンに入った状態では、私たちは最高のパフォーマンスを発揮することができ、自分自身に最高の成果をもたらすことができます。

ですから、私たちは自分自身にフォトンを放つことで、高い波動数を生み出し、最高の自分自身に変容していくことができます。

このように、私たちは自分自身に働きかけることで、自分自身を変えることができるということです。

そして、変わった自分自身が、周りの人々にも良い影響をもたらし、良い循環を生むことになります。

これさえ知っていれば、私たちは人生を良い方向へ導くことができます。

まずは、自分を喜ばせて、幸せを実感して、波動を上げること。

そうすれば、自然にいい方向へ動いていきます。

時間と空間を操る「量子力学的」習慣術は素晴らしい一冊なので、読むか、聴くかしてみてください!

created by Rinker
¥1,247 (2024/04/16 21:48:12時点 Amazon調べ-詳細)

関連書籍も載せておきます!

ほな!おおきに!