ディズニーアニメ「ちいさなプリンセスソフィア」が素晴らしいことに気づいた

娘たちが毎週観ている「ちいさなプリンセスソフィア」。筆者がテレビが嫌いなのであまりテレビは観せたくはありませんが全く観せないと偏った人間になるので時間を決めて観るようにしています。

最近観ているのは「ちいさなプリンセスソフィア」の他、「少年アシベ」「吉本新喜劇」「ミュージックステーション」。あとは時々「志村けんのバカ殿」を観ています。妻に聞いたらバカ殿の古いVTRを観て大声で笑っていたらしく、改めて志村けんの凄さを実感しています。
※「ちいさなプリンセスソフィア」の放映時間は毎週日曜日AM7:30-8:00

テレビを子どもたちと一緒に観るのは「吉本新喜劇」のみ。「ちいさなプリンセスソフィア」は一緒にじっくり観たことがありませんでした。先日、次女が「ちいさなプリンセスソフィア プリンセスのすること」という絵本を買ってきたので、寝る前に音読したところ話が素晴らしいことに気づきました。女の子だからといって諦めないジェンダーフリー思考、何事にもチャレンジすること、最後まで粘り強く頑張ることの大切さが描かれていました。妻が言うには他のストーリーも同様でとってもいい話とのこと。

これからの時代、男だから、女だからというのはどんどん無くなっていくことでしょう。まずは意識を変えることが重要。その際にはこの「ちいさなプリンセスソフィア」がわかりやすくていいと思います。

女の子をお持ちの方はぜひ「ちいさなプリンセスソフィア」を観せてあげてください。テレビがない家庭はDVDで鑑賞してみてはいかがでしょうか。絵本もたくさん出ているので読み聞かせもオススメ。

今度、TVアニメを観る時は一緒に観てみます。さすがディズニー、子供向けのアニメも侮れません。

ほな!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です