GIANT エスケープRX1 乗車1ヶ月レビュー

今年の2月に8年ほど乗っていたクロスバイクがパンクしました。もうタイヤが寿命を迎えておりタイヤ交換が必要でサドルやブレーキパッドなどの部品もかなり傷んでおり全て変えると2万円近くかかるので買い替えることに。

何にしようか色々検討したところ自転車好きの知人が「GIANTがいいよ」とのことだったのでいくつかに絞り込みました。自転車雑誌やブログなどを読んだ結果、GIANTのエスケープRXシリーズが最有力候補に。このシリーズはパーツなどの性能差により1〜3まであります。

RX3は64,000円、RX2は74,000円、RX1は100,000円でどれにしようか、かなり迷いました。見た目はほぼ一緒ですが、上位機種は一部カーボンやハイエンドの駆動系パーツが採用されています。専門のサイクルショップで下見したところRX3が置いてありショップのスタッフに聞いたら「どうせ買うならRX1が絶対オススメ」と言われました。使っているパーツが全然違うらしく価格以上の価値があるとのこと。それから、さらに一週間ほどまた下調べをして最終的に「RX1」を注文しました。

GIANT エスケープRX1&RX2仕様比較 HP

購入したのは下見をしたサイクルショップではなく近くのサイクルベースあさひ。価格は下見した店の方が価格が安くスタッフの技術力も上だったのですが住まいから遠かったため、歩いて行ける距離にあるサイクルベースあさひにしました。メンテナンスなどが無料なのでアフターサービスを考えると近場のほうが便利。価格は5%割引でクレジットカードが使えるため実質はさらに2%ほどOFFになりました。

注文してから5日ほどで入荷。店頭に行き、追加のパーツを購入したり色々調整してもらったため訪れてから引き渡しまで2時間近くかかりました。混んでいなければもう少し早かったかもしれません。

 

3月初めに乗りはじめて約一ヶ月経ったのでレビューいたします。感想としては「このクロスバイク最高!RX1にして良かった!」。クロスバイクとしては高額だったので最後まで迷いましたが後悔は1ミリもありません。

 

スポーティクロスバイクの旗手「エスケープRX」シリーズ。上級ALUXX-SLアルミによる最新設計のフレームは、クラスを超越する剛性と軽さを実現しつつ、D-FUSEシートピラーとベンドシートステイによって快適性も大幅に向上。また上位機種となる1と2は、カーボン製のフロントフォークとシートピラー採用により究極の快走性能を獲得。

 

フレームはアルミ製、フロントフォークとシートピラーはカーボン製なので衝撃吸収が良く快適に走行できます。まず乗って実感するのは剛性の高さ。以前乗っていたクロスバイクは5万円ほどの機種で、そこそこのレベルだったのですが全く乗り心地が違いました。

 

ディレーラーはTIAGRAが使われております。ロードバイクで採用されるような高級ディレーラーなので、操作性、動作性能は抜群。これが一番違いがわかる箇所だと思います。変速のショックは少なく一発できっちり正しいポジションに入ります。すごく気持ちいい。

 

 

ブレーキセットはALIVIO、レバーはTIAGRA。ブレーキ性能は適度な遊びがありますがギュッと力を入れると素晴らしい制動力が発生します。多少スピードを出しても安心して乗ることができます。

 

サドルはスポーツライトD2を採用。ポストはカーボン製で特殊な形状をしているため盗んだとしても他では使えません。座り心地も良くしっくりきます。

 

ペダルを漕ぐと全エネルギーが車輪に伝わる感覚がありあっという間にスピードが上がります。今までよりも少ないエネルギーで走ることができ快適そのもの。

 

タイヤはスリックタイプのため路面乾燥時の走行性能は抜群ですが雨の日は危険。天気予報を事前にチェックし雨が降っている日や降りそうな日は乗りません。

 

高級機種だけあって盗難が多いのでロックは丈夫なものを選ぶ必要があります。さらに柵などとロックして動かせないようにする「地球ロック」は必須。停める場所はある程度制限されますので、その点は注意が必要。

 

世界最強の自転車ロックの組み合わせはこれで決まり!

 

これからは季節も良くなるので、あちこち出かけてみるつもり。このクロスバイクなら往復30kmぐらいは余裕でしょう。クロスバイクの購入を検討しているなら、ぜひ候補の一つに加えてみてはいかがでしょうか。

ほな!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です