Applewatchのアルミモデルを買ったあなた、保護ガラスは必須!

爆発的に売れているApplewatch。周りでも着けている人が増えています。先日単体で通信できるシリーズ3が発売され、さらに売れ行きが加速しています。筆者が持っているのはシリーズ2ですが、常にiPhoneを一緒に持ち歩いているので特に不便は感じていません。時々家の近くをウォーキングするときは単体で使えたら便利かも?と思う時もありますが、買い替えるほどの動機にはなりません。しばらくはシリーズ2を使う予定。

 

Applewatchを買おうかどうしようか悩んでいる方はシリーズ2以降なら十分に便利。ジョギングやマラソンをする方ならシリーズ3を買ってもいいかもしれません。ApplewatchはSuicaなどの交通系電子マネーが使えるのが本当に便利。コンビニやサービスエリアなどで現金で払わなくてもいいのはとても助かります。

Applewatchには重くて高いステンレス製と軽くて安いアルミ製があります。中身はどちらも同じなので、予算とライフスタイルに合わせて買えばいいと思いますがひとつだけ落とし穴があります。それは使われているガラスが違うということ。ステンレスモデルは硬度が高いサファイアクリスタルガラスが使われているので、ちょっとぶつけたぐらいでは傷は付きませんが、アルミモデルは硬度が低いIon−Xガラスが使われており、軽くぶつけても傷が付きますし、胸の高さぐらいから落とすと簡単に割れます。

このことを知った上で軽さが魅力でアルミモデルを購入しました。ただし、Applewatch本体と同時に保護ガラスも購入しました。保護ガラスを貼ってば傷がついても貼り替えればいいだけで、落としたとしても余程の高さから落とさない限り割れることはありません。

最初買った保護ガラスは表面のガラス面だけを覆うタイプ。Applewatchのガラスはカーブがついているためボコッと浮いた感じがしてカッコ悪く失敗しました。

次に買ったのはカーブ側面まで覆うタイプ。これは全く違和感なく装着が可能。強度も十分あり多少ぶつけてもなんともありません。黒い部分に細かい傷はついていますがガラス面はまだ無傷。価格もお値打ちなので、保護ガラスを買うなら「COLIN Apple Watch フィルム」がオススメ。

 

 

旭硝子製で耐指紋、耐衝撃に強く、高透過率で超薄仕様。これさえつけておけばアルミモデルでも心配ありません!

【高い透明度】超薄0.26mm、光の透過率が99%で、画面を最高レベルで保護をしながら、保護フィルム自体の存在感を感じさせません、上品でエレガントな印象を与えます。

【割れ防止】
飛散防止技術により、万が一割れても、ガラス破片が飛び散りづらく安心。万一このフィルムに非常に強い力が加えられた場合でも、小さく尖った破片に砕け散ることはなく、お持ちの端末やご自身へ危険を回避できます。

【3D湾曲技術】最新3D湾曲技術と3Dラウンドエッジ加工を採用。曲面部分を完全にカバー。Apple Watch 本体を最大限に保護するように設計されています。

 

ほな!おおきに!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です