気象庁よ、空気読め

FullSizeRender 25

今回の台風18号は住まいである愛知県を直撃しました。
まさに通過ルートのど真ん中を通過しました。
しかも豊橋付近に上陸したのが朝9時という一番ややこしい時間。

大人はさすがに台風で休みということにはなりませんが、
学校は暴風警報が出た時点で一旦休校になります。
この「一旦」というのが曲者。

愛知県では11時までに暴風警報が解除されたら、
午後から学校へ行かなくてはなりません。
低学年だとたった1時限のために。
しかも家でご飯を食べて13時に集合し分団登校。
慌ただしいことこの上なし。

我が家は小学校から約1Kmと距離があり、
子どもの足だと片道20分、往復40分以上かかります。
歩いてる時間と授業してる時間がほぼ一緒。

今回は10時30分に暴風警報が解除され、
まさにこのパターンに陥りました。

子どもたちは親が思っているほど嫌がってはいないよう。
むしろ、台風が来た!という特別イベントでワチャワチャしてた様子。
実際に授業の様子を観たことはないのですが、勉強する雰囲気ではないかと。
ただ、親が本当にたいへん。

誰が警報解除の判断をしているのか知りませんが、
あと30分待てないですかね。

教師も生徒も親もたいへんなわけです。
今回は暴風警報解除された後も豪雨が降ってて、
そんな中、小さな身体で歩くなんて、かわいそうになります。
これも人生修行と思えばいいのかもしれませんが
こんなことで修行しなくてもいいかと(^_^;)

気象庁の警報解除担当者の方が見ていたらお願いがあります。
警報解除が11時前後になる時はどうぞ11時1分以降に解除してください。

小学生を持つ親からの切なるお願い。
そんなことぐらいわかっているだろうから空気読んでぇなぁ!

ほな!