たこ焼きホットプレートでアヒージョを作ってみた

先日、たこ焼きホットプレートを使って色々な料理ができるという記事を読みました。色々検索してみたところ、たこ焼きとはかけ離れた料理を作れることが判明。

シュウマイ、オムライス、焼きおにぎり、肉巻きおにぎり、ベビーカステラ、ゴマ団子、豆腐ドーナツなどが作れることがわかりました。その中で「これは!」と思ったのが「アヒージョ」。時々スキレット(鍋)でアヒージョは作るのですが一度にたくさんの量が作れないので、メイン料理にはならず、ワインのおつまみぐらいにする程度でした。

たこ焼きホットプレートでアヒージョをすれば、それなりの量が作れるので試してみました。ただしどちらかと言えば大人の味なので、小学生と幼稚園の娘たちが食べるか心配しておりましたが杞憂に終わりました。二人とも「美味しい、美味しい」とがっつり食べてくれました。

img_8120

我が家で使っているホットプレートはこの機種。たこ焼きはサイズが大きいタイプで30個焼けます。この他、フラットプレートでは餃子やお好み焼きなど様々な料理に使えるので無くてはならない調理器具のひとつ。10年ほどに買ったホットプレートが傷んできたのて今年の初めに同じ機種の新型に買い替えました。色々調べましたがこの象印のホットプレートが一番使い勝手がいいので、もし買うならこの機種をオススメいたします。

今回使用した具材は海鮮はホタテ、タコ、肉は鶏もも肉、野菜はじゃがいも、にんじん、かぼちゃ、山芋、プチトマト、アボカド。長女に何が美味しかったと聞いたら「ホタテ、タコ、プチトマト、鶏もも肉、山芋」、次女は「山芋、タコ、プチトマト、アボカド」というランキングでした。同じように育てているのに味覚に違いがあり面白い。

ワタシ的にはタコとホタテは絶品、山芋とプチトマトもめちゃくちゃ美味しかった。そして残ったオリーブオイルをバゲットにつけて食べるとこれまた美味しい。特にタコやホタテなどの海鮮を揚げた場所はエキスが出ていて激ウマ。全部一緒に入れるより、別々で調理しているとそれぞれ味が違うのでスキレットとは違ってオリーブオイル&バゲットはより一層楽しめます。バゲットがどんどん進みますがオリーブオイルとはいえカロリーもそこそこありますので食べ過ぎには注意が必要。

img_8121 img_8122

次回はエビ、砂肝、秋刀魚、マッシュルーム、ソーセージ、ブロッコリーなどを追加してみます。バゲットと合わせて、この方法ならアヒージョを十分な量を食べることができますので月イチメニューにすることに決定しました。

この料理のポイントは美味しい塩を使うこと。味付けはほぼニンニクと塩だけなので、天然の美味しい塩を使うことをオススメいたします。成城石井などの高級スーパーなどへ行くと様々な種類の塩が置いてあります。気分的には国産よりもイタリア産の地中海の天然塩がいいような気がします。アヒージョはスペイン料理ですけど(^_^;)

ほな!