ツルッと剥けるゆで卵の作り方

ゆで卵の殻(卵膜)が卵にくっついて剥けないことありませんか?先日訪れたコメダ珈琲でモーニングを注文しました。トーストにゆで卵が付いてきて殻を剥こうとしたら殻(卵膜)に白身がくっついてボロボロになり途中で食べるのを諦めました。

ゆで卵の殻に白身がくっついていると本当にイライラします。これを防ぐ茹で方を料理がめちゃくちゃ上手なお友達に教えていただきましたので紹介いたします。

1.まず蓋のある鍋に卵が半分隠れる程度に1〜1.5cm水を入れます。
fullsizerender-498
2.冷たいままの卵を入れて、蓋をして強火にかけます。
img_8483

 

3.水が沸騰したらすぐ弱火にしてキッチンタイマーをかけて5分後に火を止めます。あら熱がとれるまで蓋をしたままにします。
fullsizerender-506

 

4.卵を指先で包むように持ち、回転させながらヒビをたくさん入れます。
fullsizerender-504

 

5.殻を剥がせば簡単にツルッと剥けます。
fullsizerender-499

 

この手順で茹でればおそらく100%綺麗にツルッと剥けます。この方法を知ってから今までひっついたことはありません。色んな種類の卵を試しましたが全て完璧に殻と白身が綺麗に離れました。コツは殻を360度色んな方向からコツコツ叩いて細かめにヒビを入れることぐらい。誰でも簡単に綺麗なゆで卵が出来上がります。

ネットで色々調べてみたらクックパッドにほぼ同じ内容のレシピが掲載されていました。殻が向きにくい要因とツルッと剥ける要因も書かれており感心しました。世の中、何事もちゃんと理由があります。

クックパッド ツルツルむけるゆで卵の作り方♪

今までにゆで卵の殻(卵膜)と白身がくっついてイライラしたことのあるあなた、この方法で茹でれば今後はくっつくことはありませんので、ぜひお試しくださいませ!

ほな!