書評「終末のフール」伊坂幸太郎著

先日読んだ「死神の精度」が面白かったので、伊坂幸太郎氏の違う作品を読んでみました。伊坂幸太郎の作品は人気バンド「Backnumber」の清水氏が「面白い」と紹介しているのを妻が聞いて興味を持ち、それから読み始めました。「死神の精度」、「終末のフール」どちらも短篇小説ですが、それぞれの章が繋がっていて伏線が張ってあり、とても楽しめます。

終末のフール2

内容紹介 Amazonより
2XXX年。「8年後に小惑星が落ちてきて地球が滅亡する」と発表されて5年後。当初は絶望からパニックに陥った世界も、いまや平穏な小康状態にある。仙台北部の団地「ヒルズタウン」の住民たちも同様だった。彼らは余命三年という時間の中で人生を見つめ直す。家族の再生、新しい生命への希望、過去の恩讐。はたして終末を前にした人間にとっての幸福とは? 今日を生きることの意味を知る物語。

地球滅亡まであと3年になったとき人間はどう過ごしていくのか、様々な人間模様が描かれています。人間にとって幸せとは何なのか、そういったことを考えさせられる内容でもあります。人間は必ず死を迎えます。それまで、どんな人生を送るのか、後悔のないように生きていかなければと改めて実感しました。

終末思想家ではありませんが、もし地球滅亡まであと3年と言われたら、どう過ごしていくのか、考えさせられます。小説としても楽しめますが、もっと深いことまで考えさせられるオススメの一冊。図書館で借りてもいいと思います。

ほな!