岐阜のマチュピチュ 天空の里 上ケ流(かみがれ)地区へ行ってきた!行き方、駐車場、混雑状況についてもお伝えします

岐阜のマチュピチュと話題になっている岐阜県揖斐郡にある上ケ流(かみがれ)地区へ行ってきました。天空の茶畑としても有名で、4月下旬から6月上旬までは青々とした茶畑が広がっています。

2年前の3月、これらの茶畑を見渡せる絶景ポイントである展望所ができました。ネットやガイドブックなどで話題になっており、昨年も出かけようと思ったのですが、雨が降って延期し、今年リベンジしてきました。

行き方の目印から駐車場、トイレ、ゴールデンウィークの混雑状況までお伝えします。

山奥にありますが、アクセス方法は難しくありません。東海環状自動車道の「岐阜羽島IC」もしくは「大垣IC」を下車して揖斐方面へ。Google mapを使っているのであれば「岐阜のマチュピチュ」と検索したら目的地として出てきます。Yahoo!カーナビの場合は「春日郵便局 岐阜」と検索し目的地にセットしましょう。ただし、「春日郵便局」まで行くと行き過ぎになりますので、手前の「樫村」のバス停を右折します。

 

バス停の看板と道路の左側にある上ケ流茶園の看板が目印。

 

その後は、適宜看板がありますので、そのまま進みます。

 

「天空の遊歩道」「第一駐車場」の看板が見えたら右折します。

 

坂道を登りきると緑色のジャンパーを着たスタッフが案内してくれます。今回は神社の境内に車を停めました。道路脇にも駐車するスペースがあり、その都度、空いている近い場所を親切に案内してくれます。

 

駐車料金は無料ですが、運営資金として募金を募っています。募金が集まらないと今後、有料になるような気がしますし、スタッフ方々が本当にニコニコ対応してくれて親切だったので、手元にある小銭を入れておきました。

 

募金箱の横には竹でできた杖が置いてあり、こちらも無料で使うことができます。展望台までの道のりは急なので、必ず借りましょう。長さ、太さが色々あるので、自分の身体にあったサイズを選んでください。

 

ありがたいことに簡易トイレがあります。近くにはコンビニもないため、とても助かります。

 

入口付近で現地スタッフの方が天空の遊歩道の散策マップを配っていました。道の説明もしてくれて、本当に親切。

 

最初は緩やかな勾配を登ります。左側に茶畑が広がり、ここでも十分美しい風景が楽しめます。

 

国家にも唄われている「さざれ石」の地ということで、大きな「さざれ石」が置いてありました。

 

分岐ポイントには天空の遊歩道の看板がでていますので、迷うことはありません。

 

ひたすら、森の中を進みます。

 

急な勾配には階段が作られていますので、スニーカーなどであれば十分登ることができます。

 

絶景ポイントはA地点、B地点の2箇所あり20分ほどで、やや低い所にあるB地点にまず到着。ここは日陰になる木がないので、人物を入れて写真を撮るなら、明暗差がないため、こちらの方が綺麗に撮れます。

 

B地点からさらに5分ほど登るとA地点に到着。ここも絶景が広がっています。こちらの展望台は木陰になっていますので、日差しが強い日でも涼むことができます。

 

DJI OSMOMOBILE2を使って撮影しました。2倍速で編集してあります。

4月29日(日)の朝9時に訪れた時の気温は17℃と平地よりかなり涼しく、長袖のジャンパーを着てちょうどいいぐらいの気温。ただし、歩いていると暑くなり、途中でジャンパーだけ脱ぎました。下り道は特に杖があるのと無いのとでは疲労と安心感が全然違います。必ず入口で竹の杖を借りておきましょう。

 

行程は急な勾配もありますが、岩場などはなく、小学生以上であれば十分登れます。娘は小学5年生と2年生ですが、難なく展望台まで登ることができました。ただし、靴は最低限、スニーカーかウォーキングシューズで行きましょう。ヒールやサンダルでは踏ん張りが効かず怪我をするおそれがあります。

筆者はマチュピチュへ行ったことがないので、本場と比べることはできませんが、絶景であることは間違いありません。ゴールデンウィークにも関わらず、人も多くないので、自然を満喫するにはとてもオススメ。この時期は気温も涼しく、軽い山登りとしても楽しめます。

筆者は自家用車で訪れましたが、自転車で登っている方々に遭遇しました。本格的なロードバイクの方から、レンタルの電動自転車の方までおられました。電動自転車は養老鉄道の「池野」もしくは「揖斐」の駅前、道の駅「池田温泉」の3箇所で借りられます。勾配は相当きついので、足に自信がある方のみどうぞ。行きはたいへんですが、帰り道は超爽快なのは間違いありません。次回は車に自転車を積んで、下り坂だけ自転車で走ろうと思案中。

終わった後は、車で15分ほど走り、池田温泉でゆっくり温泉に入ってきました。ここの泉質は重曹の濃度が高く、お湯がヌルヌルしていてお肌がスベスベになります。疲れも取れるし、一石二鳥。

 

ゴールデンウィークの後半、どこに行こうか迷ったら、岐阜のマチュピチュと話題の天空の茶畑 上ケ流地区へ行ってみてください。きっと満足いただけます。なお、池田温泉から15分ほどでコストコ岐阜羽島倉庫店へ行けますので、コストコ会員の方はついでに立ち寄ってみてもいいかもしれません。

 

ほな!おおきに!