名古屋パルコで開催中の「パントビスコの本当にくだらない個展」に行ってきた

8月10日(金)に名古屋パルコで開催中の「ざんねんないきもの展」を訪れました。この時には全く気づかなかったのですが、後日、Facebookの友人が投稿しているのを見て初めて「パントビスコの個展」なるものの存在を知りました。なんと同じ名古屋パルコでイベントを開催しているとのこと。人間、アンテナが立っていないとすぐ横にポスターやパンフレットが置いてあっても全く認知されないということがよくわかりました。

 

正直、パントビスコなるものが何なのかよくわかならなったので、早速訪れることに。「ざんねんないきもの展」は西館の6階、この「パントビスコの本当にくだらない個展」は南館の8階で開催されています。

 

インスタグラムから火が付いたようですが、全くその存在を知らず。個展会場を見ましたが、正直、なんだかよくわからないまま会場の出口に到着してしまいました。絵が特別上手いというわけでもないし…。タイトルに「くだらない」とあるので、肩の力を抜いて愉しめばいいのかもしれません。

 

女性に大人気のコンテンツ「乙女に捧げるレクイエム」を用いた「レクイエム大明神」。高速で色々表示されており、写真を撮るとその都度違った文言が撮れる仕組みになっています。

 

似たようなコンテンツで「ハイテク前世占い」もあります。

 

 

雑誌ViViとのコラボコーナー「インスタ煮え」。

 

唯一、撮り下ろし映像上映コーナーの「パントビスコ映画館」は20分間、斬新な映像でとても楽しめました。

 

20時を過ぎてから訪れたのですが、お客様はちらほらと入っていました。ほとんどが女性の二人組。インスタ発信なので、おそらく来場者の9割近くが女性もしくはカップルのような気がします。

 

またこの個展にに合わせて、名古屋PARCO西館3F「ラ・メゾン アンソレイユターブル」にて「パントビスコ コラボカフェ!」が期間限定でオープンしていますので、ファンなら訪れてもいいかもしれません。

 

さらに会場内ショップでは、6月8日出版の著書「ぺろちの本」(会場限定特典付)や名古屋パルコ限定グッズ、描き下ろし直筆画などが販売されています。缶バッチはちょっと惹かれましたがブラインドパッケージなので止めました。この商法嫌いなので…。

 

入場料は500円。筆者は優待があるので無料でしたが、この世界観が好きな人じゃないと高いと感じるかもしれません。インスタでフォローしていて興味があるのなら訪れる価値は十分にあると思います。

 

概要
インスタグラム発!?異質のクリエイター・パントビスコが日常での気付きを表現手法を問わず面白おかしく“くだらなく”具現化。
過去6,000点にものぼるイラストから厳選した作品展示をはじめ、オブジェ、ムービー、フォト、ミュージックなどでマルチに表現。またパントビスコが生み出した数々の人気キャラクターコーナーやインスタにちなんだ仕掛けもご用意。

パントビスコの頭の中を物体化させた第1エリアでは「粗末な博物館」「インスタ映え映え映えフォトスポット!」、女性に大人気のコンテンツ「乙女に捧げるレクイエム」を用いた「レクイエム大明神」などがお出迎え。
膨大な量のイラストを展示した第2エリアでは、パントビスコの代名詞「カオス絵日記」や数々の人気キャラクターが登場する「1コマファンタジー」といった作品が並ぶ。

フォト、ムービー、ミュージックを中心とした第3エリアでは、宝島社「VOW」との面白写真企画や「ViVi」との前代未聞のコラボフォトの展示、話題のオンナバンド「CHAI」とのコラボMVやパントビスコが監督、演出を務めた映像作品が放映される「パントビスコ映画館」などがオープン。
インスタグラムから突如現れた全く新しいタイプのクリエイター・パントビスコが、独自の世界観を拡散・共有できる作品としてご来場の皆様へお届けする。

 

パントビスコの本当にくだらない個展

会場
名古屋パルコ南館8F・特設会場

会期
2018/08/10 (金) -2018/08/27 (月)
10時~21時
※最終日は18時閉場
※入場は閉場の30分前まで

入場料
一般500円・学生400円・小学生以下無料
★<PARCOカード・クラスS>会員は入場無料<PARCOカード>会員は入場料半額
※ご本人様に限ります。
※他割引サービスとの併用不可。

■公式WEBサイト:http://www.pantovisco.com
■公式インスタグラム:https://www.instagram.com/pantovisco
■公式Twitter: https://twitter.com/pantovisco

 

 

ほな!おおきに!