フルサイズ一眼レフカメラにどれか1本だけレンズを選ぶなら35mmで決まり!

一昨年、娘たちがハムスターを飼い始め、可愛い写真を撮るために購入したのがタムロンの「SP 35mm F/1.8 Di VC USD」。キヤノン純正のEF35mmF2と迷いましたが、タムロンの方がキヤノンに比べて

1.開放値が明るい
2.最短撮影距離が短い
3.価格が安い

の3点でタムロンを選択。

 

それまでキヤノン純正のレンズしか使ったことがなかったのでやや不安はありましたが一年半ほど使って特に不具合などはありません。ややピント合わせのスピードが遅いような気がしますが、この画角ではスポーツなどの動きの速い被写体はあまり撮らないので問題なし。

 

このレンズを購入してから、EOS6Dmk2でほぼこの35mmのレンズしか使わなくなりました。運動会やプロフィール写真撮影、旅行など本格的に撮影する際は除き、普段のスナップ写真はこれだけでまかなえます。特にレストランなどでの料理の写真は最短撮影距離が20cmと短く重宝します。開放でもキレのある描写ですが、1〜2段絞るとさらにキレが増します。

 

それまでスナップ写真用レンズとしてはコンパクトかつ軽量なEF40mmF2.8のパンケーキレンズを使っていましたが最短撮影距離が30cmとタムロンの35mmと比べると10cmも長く、料理の写真などは一旦タムロンのレンズに慣れてしまうとかなり引いて撮らなければならずストレスを感じます。重量やサイズはパンケーキレンズの方が圧倒的に有利なのですが最近出番はなく、タムロンのレンズしか使っていません。

ハムスターのあずきを撮影するために購入したのですが、残念ながら一年ほどで亡くなってしまいました。本当に可愛かったのですが…。子どもたちにとってはいい経験だったと思います。ワタクシにはいいレンズが残りました(笑)

 

 

先日、タムロンからさらにF値明るく画質のいい「SP 35mm F/1.4 Di USD」が発売されましたがF1.8と比べると最短撮影距離が30cmと伸びていること、重量は1.5倍、サイズは1.3倍ほどになっているため使い勝手は良くありません。また、価格は1.8倍になっています。画質だけを求めるならF1.4が断然いいのですが普段使いなら圧倒的に「SP 35mm F/1.8 Di VC USD」がオススメ。

もし、これからデジタル一眼レフカメラを購入し、レンズを何にしようか迷っている方はタムロンをはじめとした35mmのレンズがオススメ。スナップを撮るには50mmは画角が狭すぎるし24mmは広過ぎます。35mmは程よい画角でとても重宝します。単焦点レンズはセットで付いてくるズームレンズとは全く画質が違うのでセットでは買わず、この35mmと組み合わせて購入してください!

ほな!おおきに!