新型コロナウイルスにマスクは効果ある?実は予防にマスクは不要!マスコミに踊らされることなく正しい使い方をしましょう

中国で猛威を奮っている新型コロナウイルスで騒ぎ出してから2週間ほどが経ちます。日本ではクルーズ船に乗船していた方々が足止めをくらって出られないなど各方面で話題になっています。今の所、新型コロナウイルスによる死者はおらず、武漢から帰国した日本人を対応していた担当者が飛び降り自殺したのが唯一の関連死になります。本当にお気の毒なことでお悔やみ申しあげます。

ドラッグストアの店頭からはマスクが消えて無くなり、買えない状態が続いています。ただし、ドラッグストアで販売しているようなマスクはウイルス対しては全く予防の効果はなく着用してもしなくても変わらないどころか、手で触ったマスクを再度つけると感染リスクが高まります。

世の中、残念ながらワイドショーなどのニュースを盲信しているいる情報弱者の方が多く、未だにマスクをしないとウイルスに感染すると思っている方があまりにも多く残念この上なし。マスクは本来罹患した人が周りに咳やくしゃみで飛沫を拡散しないように防御するためのもの。海外ではマスクをしている人=病人(ウイルス保菌者)ということになるのですが日本では健康な人も含めて必要のないマスクを付けています。そのため、本来マスクが必用な人たちに行き渡らず、先日WHOからも正しい使用法をするようにと通達がありました。

マスメディアはスポンサーにマスクを販売している◯ニチャームなどのメーカーがついており、事実が間違っていたとしてもマスクが売れなくなるようなことは絶対に言いません。それでも未だにマスクをしたままの人がほとんどで情報が伝わっておらずなんとも残念。唯一スポンサーに忖度しなくていいNHKが「マスクはしないよりした方がマシ程度」という報道をしていました。

 

結論は…

「症状の無い人は、マスクはしないよりはした方がマシ程度に考えるべき」。今回、取材した専門家の1人のことばです。

手元にマスクが無いならば、あまり気にせず、手洗いや睡眠をしっかりとって体調を整えておくなどの対策に力を入れるのがいいと考えられます。ただ、感染のリスクを下げるべき人たち、つまり持病があったり、高齢であったり、またウイルスに感染しやすくなっている妊婦であったり、感染症のハイリスクとされる人たちは、マスクをつけるほうがいいでしょう。
現在、マスクが品薄と報じられていますが、正しくつけられていないマスクは感染予防の意味がありません。マスクを必要とするハイリスクの人たちに、どうすればマスクを届けられるのか、一緒に考えていければと感じました。

なぜマスクは効果がないかと言えばウイルスの大きさに対してマスクの網の目が大き過ぎて簡単に通過するから。例を挙げますのでイメージしてください。ウイルスを小麦粉ぐらいの大きさに例えるとマスクは料理用のザルぐらいの網目になります。果たしてこれで小麦粉を防げるでしょうか。すべてザルの目をくぐり抜けて来ます。実際に実験するまでもなくわかるはず。一方、花粉は大きさが胡椒粒ぐらいになるのでザルで弾くことができます。なので、花粉症に対しては市販の通常のマスクでも効果があります。ウイルスも花粉もどちらも肉眼では見えないため同じような大きさだと思ってマスクをしている方が多いのかもしれません。

新型コロナウイルスやインフルエンザウイルスに対して世界保健機関による感染リスクを減らす方法は下記の通り。

・せっけんでこまめに手を洗う

・せきやくしゃみをするときはティッシュや腕で口や鼻を覆う

・肉や卵の料理はしっかりと熱を通す

・風邪のような症状の人に接触するのを避ける(接客業では難しいかもしれませんが…)

・野生動物や家畜に直接接触するのを避ける

 

 

上記の世界保健機関(WHO)が示した推奨行為の中にマスクの着用は含まれていません。この推奨の中にマスク着用がないことを不思議に思う人もいるかもしれません。繰り返しお伝えしていますが、マスクは呼吸器感染症で咳などの症状がある人が、飛沫を飛ばして他人に感染させるリスクを減らすのが第一の使用目的。一般人が着用するマスクで感染症を防ぎきれるものではありません。逆にマスクを着用することで、ウイルスなどで汚染されている可能性がある手で口や鼻の周辺を触る機会が増え、感染リスクが高くなることもあります。何よりも第一に行うべきことはまめな手洗いとアルコール消毒であり、決してマスクの着用ではありません。

 

 

テドロス氏はスイス・ジュネーブで開かれたWHO執行理事会で、「世界は個人防護具(PPE)の慢性的な不足に直面している」と指摘した。WHOによると、防護具の一部は価格が通常時と比べ最大20倍にまで高騰。テドロス氏は記者団に対し、罹患(りかん)者や医療従事者ではない人々がマスクを「不適切に使用」し、事態の悪化を招いているとの見解を表明した

 

そして医者が行っている一番の感染対策は20分に一度、緑茶などを飲んで喉を潤すとともに菌を胃の中に洗い流すこと。これでほぼウイルス感染することはありません。その他、朝晩の鼻うがいも効果的なのでぬるま湯で作った生理食塩水やハナノアで鼻うがいをしてみてください。

認知症専門医師の長谷川嘉哉氏のブログを紹介します。

 

微細なウイルスを防ぐにはこういった方法しかありません。何度も書きますが市販の安価なマスクでは全く効果がありません。小売業など販売に携わる方々のほとんどがマスクをしているのは異様な光景で売上に大きなマイナスの影響を及ぼしているのは言うまでもありません。経営者の方は正しい情報に従い、販売員にマスクの着用を薦めるのではなく、今までどおりマスク無しで販売に従事するように指示をして現場にアルコール消毒液を配布とともに上記の予防対策を遵守するように指示することが急務となります。現状、インバウンドの中国人が激減しているのに加え外出を控える方が多く、客数が減っているのに来てもらったお客様に意味のないマスク姿で出迎えてさらに必要以上に売上を落としているのはあまりにも勿体ない…。

ちなみに長時間マスクを着用していると様々なデメリットがあります。特に女性にはデメリットが多くマスクをしない方が懸命だと思います。

深い呼吸ができない

深い呼吸は酸素を多く取り込み、気持ちをリラックスさせる作用があります。一方、マスクをすることで酸素が体内に入りにくくなり、ストレスが溜まりやすくなり免疫力が落ちます。

ニキビができやすくなる

マスクをするとマスク内が蒸れ、ニキビの原因となるアクネ菌が増え、ニキビや吹き出物ができやすくなります。キレイなお肌でいたいならマスクを取りましょう。

雑菌が繁殖しやすくなる

長時間マスク内が蒸れた状態で続くと、雑菌が繁殖しやすくなり衛生的ではありません。また何かを触った手でマスクを触るとウイルスや雑菌がマスクに付着し感染リスクが高まります。

化粧が崩れる

せっかく化粧をしても、マスクで擦れてファンデーションが落ちてしまいます。息苦しいのか顎の下にマスクを外している方が多数おられますが、化粧崩れてます…。

話す相手に意図が伝わりにくい

顔を隠すことで自分の意図が相手に伝わりにくくなり、誤解が生まれる可能性が高まります。接客においては大きなマイナスポイントになります。

なお、ワタクシはイオンでウイルスや花粉をブロックするアレルシャットを使っておりますが、こちらもほぼ欠品しておりネットでは転売ヤーにより価格が高騰しています。こちらは供給が追いつけば元の価格に近づくと思いますので少し落ち着いてから購入をオススメします。

アレルシャット ウイルス 対策 スプレー

顔にスプレーするだけ、イオンパワーでウイルスを防ぎます。ウイルスを反発・吸着し、鼻や口をガードします。
アレルシャットの使用と併せて、手洗いやうがい等の対策を行うとより効果的。潤水成分「ヒアルロン酸Na」を配合しておりお肌にも優しくメイクの上から使え、化粧崩れの心配もありません。気軽に使えて手も汚れないノンガススプレータイプ。
アルコールフリーなので妊娠中の方やお子さまにも安心してお使いいただけます。

 

外出する前には全員必ず顔にスプレーしてから出かけるようにしています。これでかなり効果があるような気がしています。未だにここ数年風邪やインフルエンザにかかったことがありません。
※価格が高騰していることがありますので購入の際はご注意ください。普段の価格は千円前後。

 

さらに消毒用アルコールを持ち歩いて、適宜手などにスプレーすると効果的。ワタクシは「ドーバー パストリーゼ77」を無印良品のスプレーボトルに充填しポケットに入れて持ち歩いています。現金や商品など何かに触った後は必ず手をスプレーして消毒しています。価格も安く効果が絶大なので一番オススメ。また食事の前には必ず手にシュッとひと吹きしてから食事をします。今では冬に限らず欠かせないアイテムとなりました。

消毒用アルコール「ドーバー パストリーゼ77」

ウイルスの大半は手から感染します。誰かが咳やくしゃみをしてウイルスが飛んだ所を手で触ってそれが元で感染することが多いと言われています。それを防止するには消毒用アルコールを常備すること。様々な種類がありますが口に直接入れても大丈夫な天然由来のアルコールがオススメ。色々試しましたが今は「ドーバー パストリーゼ77」に落ち着きました。値段も手頃で効果が高いので5リットルボトルを1つ買えば3年ぐらいは保ちます。どこにでも使えるので気になった箇所にはシュッシュと吹きかけています。決してファ◯リーズは使わないように。化学物質由来のものは善玉菌も殺してしまいますし身体に吸い込むと色々問題があります。衣類や布団、キッチンツールなどもこの「ドーバー パストリーゼ77」で除菌可能。
※5リットルボトルは通常3,300円程度。今は買い占めて価格が高騰していますので価格が落ち着いてから購入してください。

fullsizerender-483

 

fullsizerender-486

 

ドーバー パストリーゼ77はアルコール77%の強力な除菌力と、酒造会社ならではの純水使用で極めて純水度が高い除菌スプレー。厚生労働省認可の食品添加物なので食品に直接噴霧でOK。調理に使用する器具や食器、防臭にも抜群の効果を発揮。手指も強力な除菌力でしっかりガード。酒造会社ならではの遺伝子組み換えを行っていないサトウキビ原料由来の醸造用アルコール、純水を使用しているので、口に入っても安心、安全。厚生労働省認可の食品添加物なので、食品への直接噴霧も可能。冷蔵庫のお掃除などにも最適。緑茶抽出物(カキテン)配合で除菌効果も長時間持続。

 

 

今回の新型コロナウイルスは中国政府の初期対応が遅すぎたのと春節にかかり、大移動のタイミングと重なったためかなり深刻な状況に陥っていますが、正しい知識をもって、リスクを最小限に抑えましょう。免疫力を上げるため、規則正しい生活、十分な睡眠、明治ヨーグルトR1の摂取なども効果があります!

参考資料

 

 

 

ほな!おおきに!