カンロ飴レシピが今話題!情熱大陸カレーに加えてみた

ここ数年、テレビ番組はほとんど観ませんがビジネス系ではカンブリア宮殿、ガイアの夜明け、がっちりマンデー、WBS、エンタメ系では探偵ナイトスクープは録画して1.5〜2倍速で鑑賞しています。先日のカンブリア宮殿でカンロ飴を作っているカンロが取り上げられていました。

社長が交代してから社内改革を行い売上は右肩上がりで様々な新しいヒット商品が出ているとのこと。その中で昔からある定番のカンロ飴も未だに人気はあるものの若者には受け入れられず売上が低迷していましたが、このカンロ飴を料理に使うことで人気に火が付きました。

 

カンロ飴食堂というサイトがありカンロ飴を使った様々なレシピが掲載されています。掲載されているレシピは炊き込みごはん、酒の甘酢煮、きんぴら、洋風肉じゃがなど多岐に渡ります。

 

カンロ飴の原材料は砂糖、水飴、醤油、食塩のみですべて国内で生産された材料で添加物は一切入っていません。安心して食べることができます。

 

レシピの中にカレーライスがあったので早速、いつも作っている情熱大陸カレーに隠し味として使ってみることにしました。情熱大陸カレーについてはこちらのブログで。おかげさまで未だに毎日数多くの方に読まれています。

情熱大陸のカレー料理人「齋藤絵理」が教える簡単絶品カレーが本当に美味しくて感動します!レシピ・分量を掲載!


 
カンロ飴は玉ねぎのみじん切りを炒める際に使います。カンロ飴を隠し味として使うことで味に深みをもたらす飴色玉ねぎが手早く仕上がるとのこと。初めてなのでとりあえず恐る恐る一個入れて炒めてみました。

 

最初はなかなか形が崩れませんが玉ねぎの水分が出てくると少しずつ小さくなり5分ほど経つと熱で柔らかくなり水飴のような状態になり綺麗に混ざりました。飴色になる時間が若干早いような気もしますが以前とそんなに変わらないかも…。レシピには2個と書いてあったので数が少なかったのかもしれません。

 

いつもどおり、完成し実食。この情熱大陸カレーは何度食べても本当に美味しい。クミンの香りと生姜とにんにくがうっすら効いていて今まで食べたカレーの中でダントツの美味しさ。特にプチトマトの皮が弾けて中からジュワーッとトマトの汁が出てカレールゥと混ざり合うハーモニーが堪りません。

 

今回、カンロ飴を入れてみましたが味の変化は実感できず。いつもどおり美味しくて感動しましたが「カンロ飴が入ってる!」という実感はありません。数が1個だけだったので次回は3個ぐらいいれてみます。

情熱大陸カレーは本当に簡単でめちゃくちゃ美味しく出来上がります。料理の苦手な男性でも余裕で作れます。ワタクシはプラスアルファとして揚げナスをトッピングしていますがこれが家族に大好評。少々料理の手間はかかりますがさらに美味しさが増します。

普段料理を作ってもらっている妻への感謝として休日にはこの情熱大陸カレーを作ってみてはいかがでしょうか。喜ばれることは間違いありません。ワタクシが保証します!

カレー職人 斎藤恵理さんのYoutube動画はこちら

ほな!おおきに!