ディープフェイクの凄さと怖さ 映像の世界は誰でも他人になりすまされる時代がやってきました

皆さん、ディープフェイクをご存知でしょうか。高度な映像技術を使い、あたかも本人であるかのようなCG映像を作り出すことなどを指します。以前は特殊なソフトウェアと高性能なパソコンがないと作成できませんでしたが技術の進化が著しくコンシューマーレベルのパソコンで作成できるような環境になってきました。

一般的によく知られているのはFacebook CEOのザッカーバーグ氏やトランプ大統領のディープフェイク映像ですが、まず見分けがつきません。

 

そして最近、一気に増えているのがフェイクポルノと言われる動画で、先日、フェイクポルノを作成した日本人が逮捕されました。

 

ネットで「ディープフェイク ◯◯(有名人の名前)」で検索すると様々な動画が出てきます。
※良い子は検索しないでね

映像のレベルは画質が荒いものから、かなり高精細かつどこからどう見ても本人としか思えないレベルのものまで多種多様。目や口の動きも全く違和感がなく言われなければ気づくことはないでしょう。作成元はほぼ中国ですがネットには国境がないのでどこでも見ることができます。

一説によると正面、斜め、横などからの写真が複数枚かあれば簡単にAIで合成できるとのこと。近いうちに誰でもパソコンやスマホで簡単に動画の合成ができる時代がやってきます。その昔は「芸能人の○○映像が流出!!」などという都市伝説がありましたが、それがフェイクではあるものの現実となっています。


 

すでに中国では俳優が不祥事を起こした場合、撮影をやり直すのではなくこのディープフェイクの技術を使って他人にすり替えて放映しています。日本でも某女優が覚せい剤で捕まったり、俳優が反社会的勢力と関わったということで代役を立てて編集し直すということが起こっていますが、そのうちこのディープフェイクの技術を使ってあっという間に別人が出演することになると思われます。

フェイクポルノで狙われるのは女性のみなので高精細な自撮り写真や動画をSNSなどに頻繁にアップしている方は気をつけましょう。プロフィール写真として一枚載せるぐらいは問題ありませんが、様々な角度からの写真や動画が集まると知らない間に艶系女優になりすまされる可能性があります。

逆に言えば艶系女優としてデビューして身バレした場合でも「これはディープフェイクで私ではありません」としらばっくれたら大丈夫な世の中が来たとも言えます。今後は裏世界で好きな女優やアイドルのディープフェイク作成ビジネスが暗躍するのは間違いありません。

なお、こういったサイトはコンピューターウイルスが仕組まれていることも多く決してダウンロードはしないようにくれぐれも注意してください。ストリーミング再生ならウイルス感染する可能性は低いですがどうしても気になる方は自己責任でどうぞ。

ほな!おおきに!

記事が役に立ったらこちらからAmazonを利用していただけると嬉しいです!