健康診断でオールAを続けている48歳のおっさんが実践している8つのこと

毎年恒例の健康診断(人間ドック)が終わり結果が送られてきました。今年も視力検査以外はオールA。視力は老眼が入ってきたのであまり視力補正の度をキツくすると近くが見えにくくて疲れるので0.9が妥協点なのですが、1.0以上ないとB判定になる模様。運転用のやや度のキツイ眼鏡を掛ければすぐにでもAになります。


現在48歳、この年齢でずっとオールAを続けている人はなかなかいないのではないでしょうか。たまたまこの結果になった訳ではなく、自分なりに健康には気をつけてかなり努力をしています。人生100年時代になり、健康寿命を伸ばすことはQOLを上げるのに一番重要になります。ワタクシが普段から心がけて実践している8つのことをお伝えします。

できる限り添加物入っていない食事を摂る

健康でいるために大切なことのまず一つが食事。現代の食事は添加物にまみれたものが溢れています。コンビニで売ってる食べ物は、ほぼまともなものはありません。冷めても固くならないおにぎり、常温でも長時間腐らないお弁当、いつまでもツユが澄んだままタネが沈まないおでんなど…。こういった食品は様々な大量の添加物によって作られています。

日本は海外と比べても添加物の基準が緩く、海外では発ガン性物物質が含まれているため禁止されている添加物が日本では平気で使われていたりします。

コンビニで売られているものはコーヒーくらいしか口にしませんし、外食は個人が経営しているようなきちんとした食材を使ってる店を選んでいます。唯一、チェーン店で通っているのが丸亀製麺。ここはそれぞれ店ごとに麺を打ち、イチからダシを取っています。添加物はほぼゼロに近く安心して食べられますし、鴨ねぎうどんやあさりうどんをはじめ、めっちゃ美味しくてリーズナブル。

ここ十年、●クドナルドのハンバーガーや●野家の牛丼などのファストフードを食べることはまずありません。妻の手料理はいつも美味しく、インスタント食品を食べる機会はほとんどなく、添加物は最小限で済んでおり本当にありがたい限り。

なお、飲料水は水道に日本ガイシの浄水器を付けており世界トップクラスのクリーンな水を飲んでいます。食事も大切ですが綺麗な水を摂ることも大切。多少コストはかかりますが、健康には代えられません。

お酒を飲むのを止めた

5年前、ブログを毎日書くと決めた時に自宅でビールやハイボール、焼酎などのお酒を飲むのを止めました。もともと、アルコールに強い方ではなく、飲むと眠くなり、そこから何もできなくなります。時間がもったいないので自宅では飲まないことにしました。

代わりに炭酸水を飲んでいますが全く問題ありません。むしろ、料理の味もよくわかりますし、食後も普段通り過ごせます。ブログを書いたり、本を読んだり、映画を観たりと可処分時間が大幅に増えました。

よく「どこにそんな時間があるの?」と言われますがテレビをダラダラ見るのを止めてお酒を飲まなければ簡単に1,2時間は時間を確保できます。

お酒を飲むのを止めると身体にもいい影響があります。健康診断の肝臓などの数値が適正なのは、アルコールを摂らないことが大きいと思われます。最近は「ゲコノミスト」が増えてきており夜、友人と食事へ行ってもお酒を飲まずに過ごすことが多くなりました。

なお、炭酸水はソーダストリーム&ミドボンを愛用しており激安で炭酸水を飲むことができます。コストは1リットル5円以下なので市販のペットボトルの炭酸水の1/15以下。コストが安いのも大きなメリットではありますが一番のメリットはペットボトルのゴミが出ないので環境にも優しくゴミを捨てに行く手間がなくなったこととスーパーから重いケースを運ぶ必要がなくなっこと。これ、本当に超絶オススメ!

これは絶対買い!炭酸水のコストが1/15以下になった!ソーダストリームとミドボンで格安の強炭酸水が飲める!

 

筋トレを毎日続けている

5年前から毎日欠かさずに継続しています。筋肉は休ませないと成長しませんので月・木は腕、火・金・日は腹と足、水・土は肩を鍛えています。おかげで腹筋がそこそこ割れている細マッチョのいいボディになってます。

また筋肉質になることにより体温が上がり平熱が36.5〜36.7℃と筋トレする前と比べると0.1〜0.3℃ほど上がりました。筋トレと明治ヨーグルトR1の摂取により免疫が爆上げし花粉症もなくなりました。

筋肉質になったことにより少々食べても太りませんし、ちょっとやそっとでは疲れなくなりました。妻にも「本当に元気ね〜」と呆れられるほど。以前より確実に基礎体力が上がっています。

筋トレを毎日続けるための5つのコツ

 

ウォーキング、サイクリングなどの適度な運動


仕事柄、毎日最低8,000歩から1万5千歩ほど歩いています。7階ぐらいまでであればエレベーターやエスカレーターは使わず階段で上り下りしています。

また晴れた日であれば基本自転車で移動します。平地で片道10kmまでなら余裕。勾配がきつかったり10kmを超えると少々疲れますので、その場合は車で移動しています。自転車は足腰の負担が少なく一番いい運動になります。

【レビュー 】GIANT RX1購入してから3年経ちました!


時間があるときは近くの体育館でiPadで映画を観ながらエアロバイクを漕いで有酸素運動をして体重をコントロールしています。

ジョギングよりエアロバイクの方がオススメの理由

 

十分な睡眠


若い頃は睡眠時間を削って遊んだり、勉強したりしていましたが、若さでカバーできる年代はとっくに過ぎました。40歳を過ぎてから睡眠の大切さを実感するようになり、可能な限り「今日中に寝て早起きする」生活を心がけています。0時までには布団に入り、6時間は睡眠をとるようにしています。

仕事が忙しくても、質の高い睡眠がとれていればなんとかなりますが、睡眠時間がとれなくなったり、眠れなくなったりすると心疾患などにかかったり、脳梗塞になったりとリスクが高まりますので、ショートスリーパーでない限りは最低6時間以上の睡眠は必要。

睡眠の際に重要なアイテムのひとつが枕。数年前から「じぶんまくら」を使っています。3ヶ月に一度は調整してもらい、常に自分にあった状態で使用しています。他の枕と比べるとやや高価ではありますが、メンテナンス永年無料なので、確実に元は取れます。さらに昨年じぶん敷ふとんを購入し、さらに睡眠の質が上がりました。名古屋市内だとイオンモール熱田、イオンモール新瑞橋などに店舗があります。

二人で33万円!夫婦お揃いでオーダーのじぶん敷ふとんを購入してみた

 

温泉&サウナ&岩盤浴

毎週1回は必ず天然温泉キャナルリゾートへ通っています。ここは炭酸泉をはじめ、塩風呂、美泡壺湯、ジェットバスなど色々な種類の温泉があり、飽きることがありません。

またフィンランドサウナと塩サウナがあり、水風呂と併用することにより身体とメンタルを整えることができます。だいたい、ゆっくり1時間ぐらい温泉とサウナを楽しみます。

そして月1回程度は岩盤浴で半日ほど過ごします。大量の汗をかくことにより身体の中の老廃物がデトックスされ生まれ変わるような感覚になります。雑誌や漫画が読めるので一石二鳥。

いきつけのリゾートスパ「キャナルリゾート」をオススメする6つの理由

リニューアルしたキャナルリゾートの温泉美泡壷湯が気持ちよすぎて悶絶するレベル!

 

瞑想する

朝起きたら15分ほど瞑想しています。呼吸を整えて頭の中を空っぽにします。これにより、精神だけでなく身体のバランスが整います。一定時間、完全に「無」になることはとても難しいですが少しだけでも何も考えない時間を取ることはとても大切。

また朝の太陽を浴びながら公園をゆっくり散歩する「マインドフルネス」もオススメ。メンタルを病んだ際に一番効果があるのは日光を浴びながらの散歩と言われています。元気な時にマインドフルネスを実行すればさらに元気になります。

 

空腹時間を12時間以上取る

先日「空腹こそ最強のクスリ」という本の解説を中田敦彦さんのYoutube大学で観ました。早速、本を読み実践してみることに。推奨されている16時間はなかなか空けられないものの、12時間空けるだけでもかなりいい感じになります。

仕事の日は誰かと一緒にランチをしない限り昼食を食べることはありません。代わりにナッツを少々食べつつ、朝、自宅で豆から挽いて淹れたコーヒーをマグボトルで持っていき、それを飲んでいます。缶コーヒーはモノにもよりますがかなりの添加物が入っていますので自分で淹れたコーヒーが一番安心。

今まで当たり前のように昼ごはんを食べないといけないと思いこんでいましたが、不要だということに気づきました。特に美味しくもない会社の食堂での食事は精神的にも全く満たされずマイナスばかり。

空腹によるオートファジー効果も働き、体調はさらに良くなりました。一番のメリットは妻の作る晩御飯がより一層美味しく感じられること。そして好きなだけ食べても全く太らないということ。

空腹の時間を増やすことにより胃が小さくなっており、そんなに量も食べられませんのでお腹いっぱい食べても大丈夫。年初からはじめましたがピーク時に64kgあった体重は60kg前半まで落ちました。

 

このあたりで留まっているので、おそらくここがベスト体重だと思われます。ちなみにBMIは20前後。今後、おそらく仕事の時に昼ごはんを食べることはないと思います。ただし休日に友人とランチをするときは美味しい食事と楽しい会話を堪能します。

若さを保つ一番の方法は空腹!昼ごはんを食べない生活を半月送ってみた。書評「空腹こそ最強のクスリ」青木 厚著

 

以上、健康でいる8つの秘訣をお伝えしました。全部を一気に実践するのは難しいかもしれませんが、どれか一つずつでも実践してみてください。コンビニでの食事をやめてアルコールを減らすだけでも効果はあると思います。

なお40歳を過ぎると胃の検診が追加されますがバリウム検査は絶対にしてはいけません。胃の検査は2,3年おきに胃カメラで検査するようにしています。バリウム検査は被爆量がすごいのとバリウム自体も身体にはよくありません。そしてバリウムを排出するために飲む下剤が猛毒なので、絶対に止めましょう。これが元で癌になっているという話もあります。医者自身は絶対にバリウム検査はしないので、もし今バリウム検査をしている方は次回から胃カメラ検査に切り替えましょう。

 

ほな!おおきに!