【アプリレビュー】Suicaやmanacaの残高や利用履歴がiPhoneでわかる!「CardPort」

以前、長女用に作ったものの長期間使っていないmanacaを先日久しぶりに使うことになりました。最近は公共交通機関で外出する機会が少なくなり、残高がいくら残っているか全くわからず。

一体いくらチャージしてあるのかを知りたくなり、ツールを色々調べたところiPhoneの「CardPort」というアプリがよさそうということがわかり早速インストールして使ってみました。

 

CardPort - 電子マネー残高確認アプリ
CardPort – 電子マネー残高確認アプリ
開発元:Yuki Yamashita
無料
posted withアプリーチ

 

「CardPort」は電子マネー残高確認アプリでSuicaやICOCA、マナカなどの交通系ICカードの残高、利用履歴やnanaco、WAONなどの電子マネーのポイントを確認することができます。料金は無料で広告も出てきません。実際に使ってみましたが読み込みはカードをiPhoneに近づけて画面下のスキャンボタンを押すだけ。一瞬で情報を読み取ることができました。

 

カードは複数枚登録することができるので家族が使っているカードを管理することができます。いやはや、これは便利。東京駅100周年記念の未使用Suicaがあったのでチェックしてみましたwww。

 

今度長女が利用する電車賃以上の金額がチャージされていることがわかったので余分に現金を持たせる必要がないことがわかりました。いちいち券売機に行かなくても自宅で残高がわかるので超便利。

「CardPort」の特徴

 

残高がわかる

SuicaやICOCAなどの残高がわからなくても、券売機に並ぶ必要はありません。このアプリでいつでもどこでもサッと残高を確認できます。 nanacoとWAONはポイントも確認できます。

 

履歴をずっと保存

カードの中の古い履歴は消えてしまいます。アプリの中になら大切な履歴をずっと残せます。

 

メモと一緒に記録する

使った金額だけがわかっても、何に使ったかは忘れてしまいます。メモ機能を活用して、何に使ったのかも一緒に記録することもできます。

 

利用駅がわかる

カードに記録された駅を表示します。駅名データに問題がある場合、報告画面から正しい名称を報告できます。

 

家計簿、交通費精算に

アプリで読み取った履歴はCSVで出力したり、メールで送ることが可能。出力する期間や項目は自由に選べます。

 

ウィジェット対応(iOS 14以降)

アプリを開かなくても、ホーム画面でカード残高を確認できます。

 

VoiceOver対応

VoiceOverを使う人にも使いやすいデザイン。

 

様々な電子マネーに対応

現在対応を確認しているカードは下記の通り。

Suica
PASMO
nanaco(ポイント表示対応)
楽天Edy
WAON(ポイント表示対応)
ICOCA
IruCa
SAPICA
PASPY
Kitaca
TOICA
SUGOCA
はやかけん
nimoca
manaca
PiTaPa
OKICA

 

対応機種について

iOS 13以降がインストールされているiPhone 7以降の機種のみ、読み取り機能を使用することができます。それ以前の機種はICカードに対応していないため使えません。

自宅に長期間眠っている交通系ICカードがあり、残高がわからず、その場で知りたい場合はこの「CardPort」を使ってみてください。

ほな!おおきに!