トリュフ香るにぎり鴨がメニューに追加された!唸る名店紹介「酒楽亭 空庵」(鴨らーめん・緑区有松)








美味しくて唸る名店紹介シリーズとは・・・
全国各地の美味しいものを食べているワタクシの舌をうならせた店のみを紹介するコーナー。

値段が高くて美味しいものは世の中にたくさんありますがリーズナブルな値段で満足させてくれる店はそう多くはありません。

食べた後に喉が渇かないことも選択基準のひとつ。

そういったお店を中心にポツポツ紹介しております。

ハードルは相当上げておりますので絶対にハズレはありません。

自信を持ってオススメします。

 

 

ワタクシが唯一、毎月通っている行きつけのお店が有松にある鴨らーめんの「酒楽亭 空庵」。

ラーメン屋というよりは割烹料理屋で、らーめんに前菜として付いてくる一品料理もめちゃくちゃ美味しくて感動します。

年1回、11月の一番食材が美味しい季節に店を貸し切って美食会を開催しています。

今年で3回目になりますが、毎回予想を遥かに超える絶品料理が出できて大満足。

2021年のブログ

今年も悶絶する美味しさ!鴨らぁめんの空庵を貸し切って第3回美食会を開催しました!

 

2020年のブログ

鴨らぁめんの空庵を貸し切って第2回美食会を開催しました!

 

2019年のブログ

鴨らぁめんの空庵を貸し切って美食会を開催しました

 

先日、訪れたら今年の美食会で提供されていた「トリュフ香るにぎり鴨」がメニューに追加されていました。

美食会の時に、あまりの美味しさに「おかわりが欲しい…」と思っていたので即注文。

 

1貫380円とちょっとお値段しますが、すでに美味しさを知っているため迷いはありません。

鴨のロースには皮と身の間に粘膜状の筋があってそれをビンビンに研いだ本焼きの日本鋼で蛇腹に切ってあります。

その回数、1貫でなんと60回!

めっちゃ手間がかかっており、だからこそ、口に入れた時にフワッととろけるような食感が生まれます。

 

鴨ロースの上に乗ったトリュフペーストと相まって、口の中に言葉にできない美味しいハーモニーが広がります。

予め知って

ましたが、またウンウン唸りました(笑)

前菜はふんわりスモークした里芋豆腐と一風変わった金平牛蒡。

 

すでに何度も食べているのですが、やはり美味しくて感動します。

ラーメンは久しぶりに山椒塩ラーメンを食べました。

 

山椒のいい香りと食べ終わった後に、ほどよく残るピリピリとした感覚が心地よくて…。

シメの山牛蒡味噌が乗ったお茶漬けも、これまた美味しい。

 

空庵のスープはしっかりダシが効いているため塩分濃度が低く、お茶漬けにして食べても、全く喉が乾きません。

普段、ラーメンのスープを飲むことはほぼありませんが、この空庵と好陽軒のスープは飲み干します。

 

ちょうど庭の紅葉が真っ赤に染まり、素晴らしい景色を見ながらの絶品料理は最高。

 

平日の開店前に覗いましたが、すでに数組並んでいました。

土日のランチタイムは長蛇の列になるので、ぜひ平日に訪れてみてください。

ほな!おおきに!

記事が役に立ったらこちらからAmazonを利用していただけると嬉しいです!