「問題解決」のためにペンとメモを持ち歩こう

人生の師匠であり愛知の文具王でもあるフミヒロさんのブログで「ペンとメモを持ち歩いて書く習慣がないと「問題解決」は出来ない!」という投稿がありました。

ちょうどその日東急ハンズへ行く用事があったので早速オススメのペンとメモを物色。ところがロディアの方眼タイプは色々サイズがあり、「はて、どのサイズだろう?」と悩みました。ブログを読み返したら写真にボールペンのSARASAが一緒に写っていてそこからサイズを推測しロディア No.11を購入。後ほど、フミヒロさんが使っているサイズと同じだったと判明し一安心。これで師匠と全く同じツールを手に入れました。ちなみにSARASAはブルーブラックの0.5mmをチョイス。0.3mmと0.7mmと書き比べましたが0.5mm一番しっくりきました。このボールペン、スラスラサラサラしていて書き味が素晴らしい!

 

問題解決の方法 ブログ『本と文房具とスグレモノ』から引用

「問題解決」の基本中の基本は、思いついたことをメモすることなのです!

1.自分の「問題」を明確にする。(自分というところをお間違えなく)
2.総力を結集して解決策を考える(メモに書きまくります)
3.有識者に相談する。書籍で調査。つまり、先人の知恵を借りる。
4.明確な道筋で「解決」に向かう。
5.禍根を残さないよう、折り合いをつけながらクローズさせる。
6.そして「再発防止」(これ大事!)

 

そしてその日の夜に追記で投稿がありました。最近、思考がこんがらがっている私へのメッセージだと受け止めております(*^^*)

【追加ブログ】ペンとメモを持ち歩いて「自分の感情」を記録してみよう!

 

仕事、家庭、趣味、それぞれの感情を書き連ね、客観的に分析するといいみたい。これがなかなか難しいのですが、少しずつ進めていきます。仕事と家庭、趣味のバランスが崩れている方にはオススメの方法だと思います。ぜひ、ロディア No.11とSARASAで解決してみてはいかがでしょうか。

 

 

ほな!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です