舌がうなる名店紹介「手打ちそば 天ぷら 那央人」(そば、天ぷら・神宮前)

舌がうなる名店紹介シリーズとは・・・
仕事柄、全国各地の美味しいものを食べている筆者の舌をうならせた店のみを紹介するコーナー。値段が高くて美味しいものは世の中にたくさんありますがリーズナブルな値段で満足させてくれる店はそう多くはありません。そういったお店を中心にポツポツ紹介しております。ハードルは相当上げておりますので絶対にハズレはありません。自信を持ってオススメします。

熱田神宮のすぐ近くにある「手打ちそば・天ぷら 那央人」。以前から気になっており、何度かチャレンジしたのですが、夜訪れたら、すでに営業が終わっていたり、筆者の休みの日は定休日だったり、なかなかタイミングが合わず、やっと妻と一緒に訪れることができました。

外観はセンスが良く落ち着いており、ここを見ただけで美味しそうな雰囲気を醸し出しています。

 

今回は、本日のランチの「さんま・しめじ・えだまめ・人参のかき揚げ丼とさらしなざる」と「冷やし鴨南蛮そば」を注文。入店したのは12時前だったので入った時はまだお客様は一人でしたが、その後続々と入ってきてすぐに満席になりました。

 

まず本日のランチがテーブルに運ばれてきました。かき揚げ丼は見るからに美味しそう。衣がサクサク、さんまとえだまめのコンビネーションが絶品。タレもちょうどいい甘辛さで、これほど美味しいかき揚げ丼を食べたのは久しぶり。

 

さらしなそばは細くて白いそばで、こちらもあっという間に完食してしまいました。個人的に細いそばは大好物。

 

ほどなく冷やし鴨南蛮そばがやってきました。予想していたものと違いましたが、こちらも絶品。鴨は臭みがなく、焼いたネギも香りが高くそばと良く合います。

 

そして、最後にそば湯が出てきたのですが、これがまた美味しい。思わずおかわりをお願いしてしまいました。つゆが美味しいので、そば湯割りは最高。つゆがもっとあったら、まだまだ飲めました。

メニュー紹介。おすすめの桜えび湯葉そば、えびす天ざるがとっても気になります。

 

お値段はランチとしてはやや高めですが、十分にその価値はあります。そばは全ての食べ物の中で最も好きなジャンルなので全国の蕎麦屋を食べ歩いていますが、ここは5本の指に入ります。

一位は長野県駒ヶ根市にある駒草屋、二位は豊田市にある蕎麦つちや。この2つは当分ゆるぎそうにありません。ただし、この2店舗は自宅から離れているため、そう頻繁には行けませんが、「那央人」は自宅からすぐ近くなので、気軽に行くことができます。

熱田神宮へ昼前後に参拝したときには、また訪れてみようと思います。

ほな!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です